“ド”ブラック企業を見て安心してない?自分の現状を見直して逃げろ

ブラック企業_ドブラック ブラック企業体験談

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

ブラック企業で働くあなた。自分の会社よりブラックな企業を見て安心しようとしてませんか?

 

自分より下を見て安心しようとするのは、一種の防衛本能です。
なんか安心しますもんね。「ああ、俺はまだマシだ。」なんて。
でも、そんなの全くの無意味です。さっさと辞めましょう。

 

本日は、自分のブラック企業より下を見てはいけない理由についてお伝えします。

 

自分の会社よりブラックな企業を見て安心するな

ブラック企業には底がありません。
下には下がいて、ブラック企業で働く友達同士集まるとブラック自慢が始まりますよね。
自分より下を見て安心するのはもう辞めましょう。

 

解決しなければいけないのは、自分がブラック企業に在籍し続けていることです。
それが本質です。
どんなに自分のブラック企業より下を見ても、なにひとつ解決にはなりませんので。

 

下手に「自分の会社よりブラックな企業はある。まだ、マシなのかもしれない。」なんて思ったらブラック企業の洗脳にかかっています。

「うち辞めてもどこも行くとこなんかねーぞ!」
「うちでやっていけないなら、お前はどこでもやっていけない」
「もっと辛い会社なんて山のようにあるぞ」
「うちで経験を積んでから考えた方がお前のためだ」

そんな根拠もくそもない話に耳を傾け始めている証拠です。

 

かつてぼくも同じような過ちを犯しました。
ブラック企業で働いている時に、時間ができたらスマホで「ブラック企業」と打ち込んで検索していました。
そこに出てくる”ド”ブラック企業の実態や、体験談を見て「ああ、まだマシかな。」なんて考えていました。

 

その結果、ブラック企業に滞在する時間が増えて、自分の幸せを掴むのが遅くなりました。
転職して抜け出すことができて、今は幸せな毎日です。
本当にもっとはやく抜け出しておけばよかった。

 

失った時間が取り戻せないですからね。
嫌でも歳をとっていきますから、気づいた時に転職も厳しくなるような歳になっていたら人生終わりです。

 

自分の会社よりブラックな会社を見て安心していないで、見るならホワイト企業を見て社会を知るべきです。

 

見るなら”ド”ホワイトな会社をみるべき理由

スポンサーリンク

ほかのブラック企業を見るなら、”ド”ホワイト企業を見るべきです。
始めは信じられないかもしれませんが、社会にはホワイト企業という会社も実在します。
ブラック企業に勤めていると、ホワイト企業の存在が夢か幻のように思えますが、ホワイト企業の実態を見て自分の置かれている立場の”異常性”をしっかりと認識すべきです。

 

ぼくもブラック企業で働いている時は、ホワイト企業なんてあるはずがない。
あっても、入社なんてできるわけがないと考えていました。

 

ところが、今のぼくの状況は、ホワイト企業で勤めています。
今の待遇をざっと並べてみます。

  • 有給は好きな時に使える
  • 休日出勤なし
  • 残業ほぼなし
  • あっても残業代は全額支給
  • 理不尽に怒鳴られることなし
  • 成績が悪くてもペナルティはなし
  • 人事評価は明確にされている
  • ボーナス年2回
  • 強制的な時間外労働(始業前ミーティングなど)なし

あげるとキリがないのでこの辺にしておきます。
ブラック企業で勤めていたころは、ほぼ真逆の待遇でしたからまさに地獄から天国の気分です。

 

これでもまだ”ホワイト”企業レベルだと考えています。
“ド”ホワイト企業になると、給料は高くて、家賃補助はたくさん貰えて、毎日定時上がりが当たり前です。

 

でも、ホワイト企業で働く人がみんな、「ありがたい」と思っているかというと、そうではないです。
むしろ「当たり前」になっています。
こんな恵まれた環境でも「当たり前」と認識されているんですよ。

 

ブラック企業であることがどれほど、異常なことか分かりましたか?
ぜひ、ブラック企業が異常であること、世の中にはホワイト企業があって、そこに務める人からするとそれが「当たり前」であることを認識してください。

 

ホワイト企業は夢でも幻でもありません。
同じ日本の社会に、「当たり前」に存在しています。
ブラック企業に目を向けがちですが、ホワイト企業が存在することもしっかり認識して自分はどうするべきか、いま一度考えてみてください。

 

まとめ

あなたがブラック企業に勤めていて、辛く苦しい思いをしているなら、自分の会社よりブラックな企業を見て安心するのは辞めましょう。
ブラックの下にはもっとブラックな”ド”ブラック企業もあります。
自分を安心させたい気持ちも分かりますが、何より優先させるべきは「ブラック企業にいる」ということを解消することです。
でないと、あなた自身が人生がどんどん失われていきます。

 

見て安心したいなら、ホワイト企業の存在を見ましょう。
世の中には当たり前のようにホワイト企業があります。
その事実をしっかりと認識して、ブラック企業が”異常”だという正しい認識を持ちましょう。

 

ホワイト企業の人から見たら、ホワイトな環境って「当たり前」なんですよね。
そんな「当たり前」をあなたも掴むことができる可能性を持っていることを自覚してください。

 

ぼくは特に取り柄があるわけでも、仕事ができるわけでも、人脈があるわけでもありません。
でも、普通に転職活動をして、見つけた会社に入ったら上に書いたようなホワイト企業でした。
凡人なぼくにできたのだから、同じような凡人のあなたでもできます。

 

置かれている状況の”異常性”を認識して、世の中の”当たり前”を手にして幸せになってください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました