同情するなら休みをくれ!ブラック企業で言われる辛い10の同情の声

ブラック_同情 ブラック企業体験談

こんにちは!コジローです。

 

あなたは仕事で同情されて辛かったことありますか?

 

優しさで声をかけてくれるのは分かりますが、優しさだけでは何も解決しないんですよね。
分かります。
ぼくも何度もいろんな人にいろんな言葉をかけてもらいましたが、余計つらくなるだけなんですよね。
だけど優しさを無下にすることもできず、「ありがとうございます」しか返せませんでした。

 

本日は、過去の自分の気持ちをぶっちゃけます。
当時のぼくと同じ状況にあるひとの代弁となればうれしいです

ブラックな状況にかけられる10の言葉と心の声

スポンサーリンク

ぼくが当時言われて辛かった10個の言葉と、「ありがとうございます」と返してはいたが当時の本心を語ります。

 

ブラックな辛い同情の声①かわいそう

一番言われた、「かわいそう」という言葉。
笑ってごまかしているけど、本当は泣きそうなくらい辛い毎日です。

同期や先輩に言われるならまだしも、会社に意見を言える立場ならもっと上に意見してくれてもよくない!?
「かわいそう」と言われても、「ですよね」しか思えないし余計辛くなるので控えてください!

 

ブラックな辛い同情の声②頑張ってるね

はい、頑張っています!
頑張りすぎているのも分かっているんですが、どうも変えられないのが現状です。

好きでこんなに頑張ってるわけではないです。
できることなら、もう少し力を抜きたいですがそれもできない状況です!

 

ブラックな辛い同情の声③無理しないでね

無理なんてこれ以上したくないです
どうすれば無理をしないで済むか教えてくださいよ?

「無理しないでね」と一緒に渡されるアメはおいしかったです。
おかげでもう少し無理ができそうです。

 

ブラックな辛い同情の声④辛かったら言ってね

今、辛いの伝わりませんかね。
そして「辛い」と言ったら崩れ落ちそうで言えないです。

心の中で「辛い」って思うだけで悲しくなるのに、言葉にしたら立ち直れませんよ。
「辛い」って言っても困らせるだけなので、口が裂けても言いませんがね!

 

ブラックな辛い同情の声⑤営業ってどこもそうだよね

え、日本は大丈夫ですか?
これが異常ではなく、通常だと言うんですか。

どこもこんな感じなら、営業職という仕事がなくなりますよ。
営業が辛いのはビジネスモデルが破綻しているからなのに、「営業職」のせいにしないでください!

 

ブラックな辛い同情の声⑥飲みに行こうよ!たまにはいいでしょ

たまにしかダメなんですか?
みんなと同じように毎週かかさず飲みに行きたいですよ。

飲みに行って、みんなが帰る中ひとりだけ会社に戻るのが辛いので勘弁してください。
愚痴大会になるのも、聞いてて面白くないので行けません。

 

ブラックな辛い同情の声⑦続ければ自分のやり方が見えてくるよ

いつまで続けなければいけないんですか。
先が見えないし、自分のやり方が見つかる前に自分を見失いそうです。

自分のやり方なんて見つからなくていいんで、休む方法を教えてください?

 

ブラックな辛い同情の声⑧俺だったら辞めてるよ

俺も辞めたいよ。
辞めたくても辞められないからこんな状況になっているんでしょ。

辞めるという選択肢すら考えられないことになっています。
辞め方を知っているなら、ぜひともご教示お願いします!

 

ブラックな辛い同情の声⑨営業はたくさん給料もらえていいな

なら営業やれば?
絶対やらないですよね。

給料も高く見えるだけです。
時給に換算したら、田舎の高校生がバイトした方が稼げますよ。
それでも「いい」んですか?

 

ブラックな辛い同情の声⑩うちで営業できればどこでもやっていけるな

どこかに行く前に潰れるのでそれはできませんね。
そもそも、毎日が忙殺されすぎて営業のいろはを学んでいる余裕さえありません。

このやり方はここでしか通用しないものになっていますよ。

 

辛い毎日から抜け出した!そしたら性格が悪くなっていたことに気づけた

スポンサーリンク

ブラック企業で働いていた時は、人生で一番性格が悪かったです。
自分でも分かるほど、心が荒んでいました。

誰かが笑えば腹が立ち、誰かに声をかけられれば心の中で反発し、街を歩く人を見下していました。

自分は頑張っている、他の人は怠けてる。
そう思うことで、自分を正当化して支えていたのかもしれません

今ではホワイト企業で毎日が幸せなので、当時の自分を思い返すと本当に恥ずかしいです。
過去に戻ったら、説教したい!
(絶対に戻りたくはないですけど。)

学生時代までは、「優しいね」と言われ続けていたのに、ブラック企業は、人の性格も変えてしまうんですね。
辛いことは大変なことですが、自分の性格が荒んでいないか改めて見つめ直してみてはどうでしょう。

 

同情の言葉から学んだ、たった1つの突破口

結論から、ブラック企業やブラックな環境から抜け出すのは、自分で行動した時だけなんですよね。

誰もブラック企業から助けてはくれないし、環境も変えてはくれません。
待っていても時間だけが無駄に過ぎるだけで、何も解決することはできません。

ぼくがブラック企業を抜け出したのも、結局は自分から行動したからです。
転職サイトに登録して、転職エージェントを使い、面接して、内定をもらって、辞職の意思を伝えた。

すべて自分で行動しなければ、進むことのできないステップです。

行動するのは、しんどいし、パワーが必要なのは分かります。
けど、実際に動き出したらスイスイと進むものですよ。
自転車とかと同じでね、一番重いのは最初だけです。

同情してくれる人に、心の中で反発する前にまずは行動してみましょう。

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました