ブラック企業で長く働く人の2つの特徴と新卒がすぐに辞める5つの理由

新卒_辞める ブラック企業の実態

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

ブラック企業で長く働く人はどんな人か?
長く働いているのに、新卒はすぐに辞める理由はなにか?

 

不思議じゃないですか?
ブラック企業なんか、みんなすぐに辞めてしまえば会社が成り立たなくなって、日本からブラック企業なんて潰れるはずです。
でも、ブラック企業で働き続けて長い期間辞めない人もいるわけです。
本日は、ブラック企業で長く働く人がいるのに、新卒はすぐに辞める理由をまとめてみました。

 

ブラック企業で長く働ける2つの理由

ぼくが見てきた、ブラック企業で長く働いている人は主に2種類います。
会社の創業当時から働いている人か、中途で入社してきた仕事ができる人です。

 

①創業当時から働く人が長く働く理由

ブラック企業の創業当時から働いている人は、長く働き続けることが多いです。
それは、たとえ役職がなくても、経営陣との関係が出来上がっているからです。

 

いくらブラック企業といえど、経営陣も人間です。
親しい人には甘くなるのが人情というもの。

 

会社がブラック企業だとしても、会社すべての仕事が辛いのはまれです。
辛いのは現場だけで、経営層は甘い汁をすすっていることがほとんどでしょう。

 

会社の創業当時から働き続けていれば、経営層とも当然近い位置にいるわけです。
経営層と仲良くなっていれば、辛い立場や現場に追いやられることはありません。
辛いことはすべてその他の社員に任せればいいからです。

 

すると会社としてはブラック企業だとしても、創業当時から働いていれば仕事がブラックになることはないです。
むしろ、それほど働かなくても良い給料が貰えるわけです。
そんな会社、辞めるはずがないですよね。

 

②中途採用で仕事ができる人は長く働く

就職には、3の数字で転職を考える時期がくるといいます。
3日、3週間、3ヶ月、3年、30才という数字です。

 

一番最後の、30才が最後になりますが、30才で転職してまた次に転職する機会では難易度があがります。
すると30才の時点で働いていた会社が、人生の最後の会社になりやすいのです。

 

ただし、いくら入ってしまったからといっても、ブラック企業では仕事ができなければ辛い毎日です。
上司から怒鳴られ、上がらない成績は公開されて恥さらし、終電で帰る毎日となるわけです。
そんなことになったら、さすがに辞めますよね。

 

ところが、仕事ができる人は厳しいノルマや環境でも仕事ができてしまうんです。
仕事ができれば、ブラック企業でも自分なりの仕事の仕方を見つけてなんとか働く。
ギリギリの毎日を続けることで、気がついたら会社の古株になってしまっています。

 

ある程度のポストを与えられて、ある程度の給料をもらってしまうと別の世界を見ようとは思えません。
本来であれば、持っている能力を活かせば今より給料が上がることも知らずに搾取され続けます。

 

本人は搾取されているとは気づかずに働いて定年を迎えてしまいます。
仕事ができるのも、考えものですよね。

新卒がブラック企業で潰されてしまう5つの理由

スポンサーリンク

ブラック企業で長く続く人がいる反面、新卒はブラック企業で潰されていきます。
当然といえば当然ですが、その理由について考えていきます。

①仕事自体が初めてなのに何も教えて貰えない

新卒は当然、社会で正社員として働くことは初めてです。
バイトで働くことは経験あっても、初めての会社で仕事をするのであれば右も左もわからないです。
それなのに、何も教えてもらえないんです。

 

ブラック企業といわれる環境では、教育環境が整っていることが少ないです。
「教育が充実!」なんて求人に書かれていても、だいたいは「実践を伴ったOJT」という名目の放置プレイです。
営業だと、数回先輩社員と同行したら「はい、明日から一人でお客さんとこ行ってきて」となります。

 

それだけならまだしも、1ヶ月ほどたったら「まだ数字あげられないの!?」なんて喝が入ります。
営業の基礎、契約の取り方、そもそも社会人としての仕事の仕方も何もわからないうちからです。

 

分からなければ聞けと言われ、質問をすると自分で考えろと言われてニッチもサッチいかない毎日を過ごすことになります。
そんな日々で心身ともに疲弊していけば、退職していくことも仕方ないでしょう。
それでもブラック企業では「あいつは根性がなかった」と言われるだけで、会社として改善されることはなく、次の年の新卒に対しても同じ仕打ちが繰り返されていきます。

②新卒は若いからなんでもできると思われている

30代後半になるにつれて、人は若さが無敵だと錯覚するようです。
どんなに新卒が辛い思いをしていても、「若いからまだ大丈夫」「若いからなんとかなる」「俺が若いころはもっと大変だった」なんて妄想や武勇伝を口にしてきます。

 

新卒がそれを真に受けてしまうと、辛くても辛いと言えず、抱え込んでしまいます。
自分で自分を追い込んで、「もっと頑張らなくちゃ」「自分だけできないのはおかしい」「若いんだから体力はまだあるはず」と自分を騙して突っ走ってしまいます。

 

若くても、体力・精神力には限界があります。
若いがゆえに、自分の限界も知らないので気がついた時には手遅れになって、ぶっ倒れるか精神を病んでやっとブラック企業から抜け出していきます。

③学生時代とのギャップがある

新卒で社会人となったからといって、すぐに社会人としての力や考え方が身につくはずがありません。
誰しもが、学生時代とのギャップを感じながら仕事をし始めます。

 

慣れない仕事を一生懸命していても、ミスや失敗をすることが出てしまいます。
その時に、「いつまでも学生気分でいるんじゃねーぞ!!」なんて怒鳴られるわけです。

 

本人は学生気分を抜け出し、必死に頑張っているのに少しの失敗でそんなことを言われてしまいます。
そりゃ学生に戻りたくもなります。

 

みんな抱える学生時代とのギャップに、とまどいを隠せず仕事の面白さも分からなければ辞めてしまうのも仕方ないですよね。
ブラック企業では、学生時代とのギャップをより顕著に感じてしまうのです。

④雇ってもらえたという恩を必要以上に感じてしまう

学生の時に就活をして、内定をもらったらうれしいですよね。
就活に苦労をしたらしたほど、内定をもらった喜びは大きくなります。

 

その喜びは辛い就活を終わらせてくれた会社への恩にもなります。
その会社がブラック企業だったとしてもです。

 

ブラック企業に恩を感じていたら、ちょっとしたことでは辞めたりできないですよね。
人は何かをしてもらったら、それを返そうという返報性の原理というものがあります。
受けた恩が大きければ大きいほど、恩返しをしようと強く思うわけです。

 

しかも、就活が辛かった人はより強く恩を感じるのと共に、辛い就活をもう一度やることに躊躇してしまいます。
またあの辛い思いをするなら、まだここを続けようと思ってしまいます。
さらに、辛い思いをしてまたブラック企業だったらどうしよう、とも考えます。

 

無駄に辛い思いを何度も受けるなら、いまの環境を受け入れてしまおう、という考えに及んでしまうんです。
そうしているうちに、チャンスを逃し続けて、ブラック企業に潰されてしまいます。

⑤新卒は極端に選択肢を知らない

いままで、普通に学生をやってきて、普通に就活をして、普通に内定をもらっていると、働き方についての選択肢を知ることができません。
学校や親が言う通りに、新卒で入った会社にずっと在籍し続けて、ある程度の役職になって、定年を迎える、というような生き方しかないと思い込んでいます。

 

今でこそYouTuberが世間に出てきていますが、働き方は本当に多くの方法があります。
それこそYouTuberになるのもよし、自分で起業するのもよし、フリーターでもよし、派遣でもよし、フリーランスでもよしと様々な生き方、仕事の仕方が世の中には溢れています。

 

新卒はみんなが同じように会社に就職して、それが当たり前だと思って他の選択肢が目に入っていません。
選択肢を知っていれば、肉体的にも精神的にも潰されることなく、自分の道を選ぶことができますがその選択肢を知らないので、自分に合っていないなと思いながらも無理をして働き続けてしまうんですよね。

まとめ

ブラック起業で長く働くことができるのは、次のような人です。

 

  1. 創業当時から働き続けている人
  2. 中途で入社して仕事ができてしまう人

 

創業当時から働いていれば、経営層とも関係が築きやすいので役職もつきやすいです。
役職さえつけば、ブラック起業は上が得するケースがほとんどなので、楽してお金はたくさんもらえます。
中途で入社した仕事ができる人は、自分の力がよそでも通用することに気づけずに、多少のマシな給料に満足してブラック起業に滞在して続けてしまいます。

 

ブラック起業で長く続く人に比べ、新卒が潰されてしまう理由は次のようになります。

 

  1. 仕事自体が初めてなのに何も教えて貰えない
  2. 若いから何でもできると思われてしまう
  3. 学生時代とのギャップを強く感じてしまう
  4. 雇って貰えたという恩を必要以上に感じてしまう
  5. 仕事や働き方の選択肢を知らない

 

新卒が潰されてしまうのは、ブラック企業に原因がある場合がほとんどです。
ところが、新卒自身が仕事や働き方の選択肢を知らないなど、新卒に原因がある場合もあります。

 

新卒でブラック企業に入ってしまうと、世の中に目を向ける時間すらなくなってしまう場合もありますが、もっと世の中を知ってください。
会社はそこだけではありません。働き方も人それぞれあります。
ブラック企業なんかに潰される前に、自分の人生を取り戻しましょう。

 

ぼくはブラック企業に潰される前に抜け出して、いまは平凡ですが幸せを感じる毎日を過ごしています。
一度潰されてしまうと、社会復帰が難しくなる場合もありますので、なによりも自分を優先に考えてください。

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました