フリーランスという生き方を知った。それでもサラリーマンを選ぶ理由

サラリーマン_フリーランス 人生について

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

あなたはフリーランスを選びますか?サラリーマンを選びますか?

 

仕事の仕方・生き方には2種類あります。
フリーランスかサラリーマンかです。
ほとんどの人は、企業に勤めるサラリーマンです。
でも世の中には、企業に属さないフリーランスという生き方もあります。

 

本日は、フリーランスという生き方を知ったうえでぼくがサラリーマンを選ぶ理由をお伝えします。

フリーランスという生き方

サラリーマンを続けているとあまり知ることのない、フリーランスという生き方。
企業に所属しないで、自分で仕事を見つけて自分で稼ぐ生き方です。

 

フリーランスには様々な仕事があります。
文章を書くライターの仕事や、デザインを仕事とするデザイナー、個人でエンジニアをやるフリーランスのエンジニアもあります。
ようは、自分の才能や能力を仕事にしてお金をもらう人たちです。

 

フリーランスには、嫌な上司や先輩と一緒に仕事をしなくて済んだり、良くも悪くも自分次第で稼げるお金も変わります。
自由で羨ましく見えますよね。

 

それでも、ぼくはサラリーマンという生き方を選択しました。

サラリーマンを選ぶ3つの理由

あなたもサラリーマンをしていれば、一度はサラリーマンが嫌になった経験があるはずです。
もちろん、ぼくも何度もサラリーマンを辞めようと思いました。
特に、ブラック企業で働いていた時期は毎日のようにサラリーマンを辞めて実家に帰ろうと思っていたものです。

 

ぼくがサラリーマンを続ける理由はいくつかあります。

サラリーマンという生き方が好き

スポンサーリンク

なんだかんだ言っても、サラリーマンという生き方が好きなんです。
もちろん、辛いことや嫌なこともありますがそれも含めてサラリーマンが好きです。

 

フリーランスの生き方を選んでいる人は、満員電車が耐えられなかったり、人間関係がどうしてもメンドくさく感じる人もいるでしょう。
でも、ぼくは満員電車で隣り合うサラリーマンとのせめぎ合いも、会社のちょっと大変な人間関係も耐えられますし、ちょうどいいストレスくらいになっています。

 

企業という組織で働く大変さも楽しさも、やはりサラリーマンでしか味わえないことでもあります。
サラリーマンが多いからサラリーマンがつまらないのではなく、サラリーマンならサラリーマンの醍醐味をじっくり感じればサラリーマンも悪くない生き方なんです。

日本ではサラリーマンは銀行からお金を借りやすい

日本で生活していくうえでは、フリーランスよりサラリーマンの方が社会的地位が高いことは知られています。
どんなに稼いでいるフリーランスより、サラリーマンの方が評価される時代です。

 

フリーランスが個人で働いているのに対して、サラリーマンは企業に属しています。
もし、銀行からお金を借りることがあれば、銀行はお金を返す能力があるか審査を行います。
フリーランスは個人なので、体を壊したり、事業がうまくいかないことも考慮されるため審査が通りにくいです。
一方、サラリーマンであれば勤めている会社が安定していれば安定しているほど、審査が通りやすいです。

 

ぼくは今後も日本で生活をしていきます。
結婚をしたり、家を建てたり、子供ができたりする予定です。
そんな時、銀行からお金を借りることもあるでしょう。
そんな時は、やはりサラリーマンの方がお金の面でも都合が良いんですよね。

サラリーマンをやりながらでもフリーランスの稼ぎ方はできる

サラリーマンとフリーランスをどちらか選ばないと逮捕されるわけじゃありません。
ぼくは、サラリーマンをしながらでもフリーランスのような稼ぎ方はできると考えます。

 

もちろん、フリーランスの生き方すべてをサラリーマンをしながらやるのは不可能です。
時間の使い方が違いますからね。
それでも、稼ぎ方であればサラリーマンをしながらでもフリーランスのようにできるはずです。

 

サラリーマンをしながら、クラウドソーシングでライターの仕事はできるでしょうし。
デザインもかけます。フリーのエンジニアの仕事もできます。

 

どちらか一方を選ばなくてはいけないわけではありません。
大事なのは、自分に合った生き方を選ぶことです。
ぼくはサラリーマンという生き方が好きですが、他人に無理強いはしません。
それでも迷ったら、サラリーマンをおすすめします。

まとめ

サラリーマンとフリーランスという2つの生き方があります。

 

サラリーマンは辛い、夢がないと思われ、フリーランスは自由で夢があると思われがちです。
実際には、どちらも良いところ悪いところがあります。

 

ずっとサラリーマンで働いていると、やはりフリーランスがうらやましく思う時もあります。
それでもぼくはサラリーマンという生き方を選択しました。

 

その理由は次の3つです。

 

  • サラリーマンという生き方が好き
  • 日本ではサラリーマンの方がお金を借りやすい
  • サラリーマンをやりながらでもフリーランスのような稼ぎ方ができる

 

ぼくはサラリーマンという生き方が好きです。
不快な満員電車もめんどうな人間関係も、すべて勉強になります。
あと、やはりサラリーマンの方がお金を借りやすいのは日本で生きていくなら大きなメリットです。
稼ぐ方法だけで言えば、サラリーマンをしながらでもフリーランスのように自分の才能や能力を生かしてお金を得ることはできます。

 

ぼくはサラリーマンを選びますが、あくまで個人的な考えです。
あなたは、あなたが合うと思う生き方を選択して幸せになればいいんです。

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました