ブラック企業を辞めたいなら利用すべき転職サイトと転職エージェント

転職_サイト&エージェント 転職サイト

こんにちは!コジローです。

 

あなたはブラック企業を辞るのに、最低限利用すべき転職サイトと転職エージェントを知っていますか?

 

ぼくはブラック企業からホワイト企業に転職することができました。
それは、2つの転職サイトと転職エージェントのおかげです。
本日は、ぼくのようにブラック企業に悩んでいたり、今の会社を転職しようとしている方に実際に利用した転職サイトと転職エージェントをお教えします。

 

ブラック企業を辞めたいならリクルート系の転職サービスを利用すべき

ブラック企業を辞めたいと思った時に、取るべき行動はたった1つです。
それは転職活動を行うことです。

 

転職活動を行うには、一昔前であればハローワークや人づてで転職をしたものです。
ですが、いまの世の中では各種転職サービスを無料で受けられ、ネット環境さえあれば気軽に転職活動を行うことができるため転職サービスを利用することが一般的です。
というか、転職サービスを利用しなければ効率が悪過ぎます。

 

一言で転職サービスと言っても、数え切れないほどのサービスがあります。
ぼくがおすすめする転職サービスは2つです。

 

それは、リクナビNEXTとリクナビエージェントです。

>>リクナビNEXT
>>【リクルートエージェント】

なぜ転職サービスはリクルート系を利用すべきか

リクナビNEXTとリクナビエージェントは両方ともリクルートという会社が運営しています。
おそらく誰でも一度は名前を聞いたことがあるでしょう。
それだけ大きな会社であるし、リクナビNEXT・リクナビエージェントともに転職支援実績は業界最多です。

 

リクナビNEXT・リクルートエジェントを利用しなければ転職できなわけではありません。
ですが、今より良い会社で務める可能性を少しでも高めるためには、リクナビNEXT・リクルートエージェントを利用すべきです。

 

最大の理由は、求人数の多さです。

 

求人数が多ければそのだけ、たくさんの選択肢から選ぶことができます。
単純に、10社から選択するのと、100社から選択するのでは良い会社に入れる確率が違いますよね。
転職はくじ引きできまるわけではないので、選択肢があるだけあなたが選べる企業が増えることになります。

 

10社中9社が良い会社でも、100社中20社良い会社があった方が、あなたが転職成功する可能性も上がります。
9社に応募するのと、20社に応募するのでは倍以上の違いがありますからね。

 

リクナビNEXTとリクルートエージェント 初めに登録すべきサービスは

リクナビNEXTとリクルートエージェントはそれぞれ用途が異なります。
自分に合った用途を初めに登録して、転職活動を進めて必要なタイミングでもう片方のサービスを利用すると良いでしょう。

 

リクナビNEXTに最初に登録すべきは、ゆっくり転職したい人

リクナビNEXTは、転職サイトです。
具体的な転職活動というよりは、求人を出している会社を見つけて気に入った会社を管理するために利用します。

 

今すぐ転職活動が始められない人や、自分が次にどんな会社で働きたいかまだ見えていない人は、リクナビNEXTを利用して転職先を見つけることから始めると良いです。

 

焦って転職活動を始めても、自分がどんな会社でどんな仕事をしたら良いか見えていない人はなかなか上手くいかないですからね。
まずは、リクナビNEXTを利用して情報収集をしましょう。

 

リクナビNEXTを利用すれば、現在求人を出している会社を把握することができます。
継続してチェックしている中で、自分に合いそうな会社、自分がやりたいと思う仕事を見つけられるはずです。
なんてったって、新着求人が毎週1,000以上も登録されていますからね。

 

転職に緊急を要していない人、まだ時期を伺っている人はまずリクナビNEXTに登録しましょう。
登録しておけば、いつでも求人を確認できるので、良い求人を見つけたらすぐにブックマークして他の人よりいち早く行動を起こしてください。

リクルートエージェントをまず利用するのは、1日でも早く転職したい人

今の会社や仕事に耐えられない人は、いますぐ【リクルートエージェント】を利用しましょう。
ぼくはリクルートエージェントを利用しはじめて37日間で転職先から内定をもらいました。

 

リクナビNEXTとは違い、即転職活動につながります。
転職に関するアドバイスや、やるべきこともすべて担当の転職エージェントから教えてもらえるので転職活動において悩むことがなくなります。

 

転職活動がうまくいかない人は、時間がないという人がいます。
転職活動に必要なことや、準備を1人で進めていると分からないことがたくさん出てきます。
悩んで困っている間に、転職に対するモチベーションも保てず、結局今の苦しい仕事を続けることになります。

 

リクルートエージェントを利用すれば、時間がかかる調べ物や準備をエージェントにおまかせできるので面接の準備など転職活動に直結する行動に集中することができます。
ブラック企業など仕事が忙しすぎる人は、リクルートエージェントを利用して転職活動にかける時間を最低限に抑えてすぐにでも転職先を見つけることを優先にしましょう。

 

転職を成功させたリクナビNEXTとリクルートエージェントの平行利用

ぼくが実際に利用したリクナビNEXTとリクルートエージェントの使い方は、平行利用でした。
まず、リクルートエージェントに登録して、面談の日程の取り付けを行いました。
直後にリクナビNEXTにも登録して、いつでも求人を確認できるようにしました。

 

リクルートエージェントでは、面談をする時にあらかじめ伝えた希望内容を元に求人票をピックアップしておいてくれます。
人によって渡される求人票の数は違いますが、ぼくの場合は25枚ほどでした。
業界や希望内容によっては、2〜3枚の場合もあるようです。

 

なので、あらかじめリクナビNEXTを利用して求人をチェックしておきます。
面談までに気になる求人が見つかれば、エージェントに伝えれば用意しておいてくれたり、求人内容について詳しく聞くことができます。

 

転職サイトである「リクナビNEXT」、転職エージェントである「リクルートエージェント」はどちらかを利用すれば良いものでもありません。
両方のサービスを上手に使って、足りない部分を補うように利用することで2つのサービスを最大限まで効果を引き上げることができるのです。

まとめ

ブラック企業を辞めたいなら転職するしかありません。
それが最も自分の人生を無駄にしない選択です。
実際に、ブラック企業からホワイト企業に転職して分かった1つの真実です。

 

しかし、転職活動はやろうと思ってすぐにできるものでもありません。
だからこそ、転職サイトと転職エージェントを利用して効率よく転職活動をすべきです。

 

ぼくが実際に利用した転職サイト・転職エージェントはリクルート系の2つでした。
リクルートは、リクナビNEXT・リクルートエージェントの2つとも業界最大手です。

 

いまより良い会社で働きたいなら、リクルート系のサービスを利用しない手はありません。
後回しにすればするほど、人生を無駄にするし良い会社を他の人に取られてしまいますよ。

 

>>リクナビNEXT
>>【リクルートエージェント】

 

以上!それでは、また。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました