転職第一歩は転職診断で8568通りから自分の強みを知ることが重要

転職_自己分析 転職サイト

こんにちは!コジローです。

 

あなたは、転職診断で自己分析を客観的にできていますか?

 

自分を知るということは転職活動以外でも重要なことです。
どんな性格をしていて、何に強みがあって、どんな特性があるのか。
転職診断でできる自己分析では、普段気がついていない自己(自分)を分析することになります。

 

新卒採用の時は、大学の就活センターなどで色々と教えて貰えたり、自己分析を行う機会もありました。
でも、転職となると全部自分で準備しなければいけません。
もちろん、自己分析も。

 

本日は、転職診断の中で1番手軽で客観的な自己分析の方法をお伝えします。

 

転職診断は客観的な自己分析を可能にする

自己分析_客観的

自分を一番よく知っているのは、自分だなんて嘘です。
自分を知るためには、客観的に自分を見つめなければ本来の自己分析になりません。

 

人は思い込みの生き物です。
自分はこういう人間だ、なんて思っているのはあなただけです。
周りから見たら、全く別の人間に見えています。

 

自己分析ができない、という人は特に客観的に自分を見ることができていません。
ほとんどの人は世の中に溢れる凡人です。ぼくもそうです。
凡人が自分で自分の強みを見つけようとしても、ありきたりな強みしか見つからず転職活動では使い物になりません。

 

思い出してみてください。
新卒採用の時のグループ面接で必ずこんな人がいませんでしたか?

「私は、リーダーシップがあり〜、協調性があり〜、粘り強い性格です〜。」

 

客観的に見ても正しければ問題ありません。
でも、言おうと思えば誰でもいえるような内容ですよね。
そんなんで他の人と差別化できるはずがありません。

 

自分で思い込んだ強みや、自分の中にある語彙力からでしか強みを表現できないのが問題です。
それは全て主観的にしか自己分析を行えていない、客観的な言葉が欠けています。
他人と差別化するためには、自分の頭からは決して出てこないような強みや言葉が必要です。

 

転職診断でおすすめの方法はコレ

グッドポイント診断_TOP
(引用:リクナビNEXT)

自己分析をするには、本を買ったり、友達や家族に聞いたりと色々な方法があります。
でも、お金もかけず人の手も借りずに客観的な自己分析をする方法が、転職診断ツールを使う方法です。

 

おすすめの転職診断である、グッドポイント診断を使うと誰でも無料で自分の強みを5つ見つけることができます。

 

グッドポイント診断は、リクナビNEXTが用意している転職者のための転職診断ツールです。
パソコンやスマホで質問される答えを選択するだけで、8568通りの中からあなたの特性を5つ導き出してくれます。

 

運営するのが、リクルートという新卒採用から転職までをサポートしてくれる超大手企業なのでその長年のデータを利用しています。
下手な自己分析の本や、友達や家族に聞いて自己分析するよりも客観的な内容を教えてくれます。

グッドポイント診断公式ページはコチラ

 

グッドポイント診断を使って得た客観的な自己分析の結果に対する感想

グッドポイント診断_結果
(グッドポイント診断_ササキコジローの結果一部)

 

実際にグッドポイント診断を使ってみた感想としては、強みだけなく5つの強みに対する詳細なコメントが嬉しかったです。
18種類の強みから5つの強みを教えてくれるものなので、「協調性、冷静、独創的」など端的に表示されるだけかと思っていました。

 

でも、それだけではありませんでした。
それぞれの自分の強みに対して細かい説明があるので、強みがあることでどういう考えを持っていて、どういう場面でどう判断することができるのか、などが書かれています。

 

自分の強みを自分で考えたり、友達や家族に聞いてもそこまでは言葉にできませんよね。
グッドポイント診断の結果を元に、自分でも感じている強みを言葉にすれば、書類選考にも面接でも強力な武器になります。
結果に対して、自分の経験なども織り交ぜれば世の中に1つだけの自己アピールの材料とすることができますね。

 

グッドポイント診断を使ってみた感想としては、単純に自己分析するだけではなく、自分の強みを知って結果を元に転職活動の準備にも使えるので、転職を1ミリでも考えたことがある人は絶対に試してみるべきです。
もしかしたら、自分が本当にやりたい仕事が見えてきたり、今の仕事に対する違和感の原因も分かるかもしれません。

 

転職診断ツール【グッドポイント診断】はいつまで使える?

グッドポイント診断_はてな
(引用:リクナビNEXT)

転職診断ツールとして非常に便利なグッドポイント診断ですが、いつまで使えるかは分かりません。
こればかりは、運営するリクルートの方針次第なので今日は使えても明日は使えない可能性は多いにあります。

 

グッドポイント診断が使えなくなれば、本やどこか適当なサイトを参考に自己分析を行わなければいけません。
本を見ながら自己分析をするなら、紙にペンでメモを残しながら書いたりする手間があります。
どこかのWebサイトだと、運営者が信用できるデータを持っているのか確認しなければいけません。

 

グッドポイント診断であれば、パソコンやスマホでできるので、外出先だろうが電車の中だろうがいつでも実施可能です。
また、自己分析の結果をスクリーンショットやリクナビNEXTのサイトからいつでも確認できるので、結果を使いたい時に確認できるメリットも、本や他のWebサイトとは違いますね。

 

グッドポイント診断は使えなくなったとしても、一度使って結果をスマホに写真や、リクナビNEXTに残しておけばいつでも使えるので利用できるうちに、一度試してみることをオススメします。
使えなくなってしまってからでは、使いたくても使えませんからね。

今すぐグッドポイント診断を試してみる

 

【グッドポイント診断】の利用手順とメルマガの解除方法

グッドポイント診断_メール登録
(引用:リクナビNEXT)

シンプルな使い方なので、基本的に迷うことはありません。

グッドポイント診断の始め方をまとめておきます。

  1. メールアドレスを登録
  2. 登録したメールアドレスに案内が届く
  3. 案内に従って会員登録をする
  4. 診断スタート

 

グッドポイント診断を利用するには、リクナビNEXTに登録する必要があります。
でも、転職を考えている人は必ず登録することをオススメするほどのサイトなので、この機会に登録しておくことに間違いは一切ありません。

 

また、メルマガが嫌な人は、会員登録の時に「メールマガジン」の項目からチェックを外しておけばメールが届くことがないのでチェックを外すことをオススメします。
もちろん、後でも解除できるので一度メールを見てから判断するのもOKです。

 

会員登録が完了したら、診断スタートします。
診断は質問に対する選択式なので、マウスやタップで選ぶだけで診断できます。
制限時間が設けられていますが、時間が足りないということは全くなく、多少ゆっくりやっても問題ありません。
ぼくはおおよそ、20分かからないくらいで完了しました。

 

まとめ

自己分析は客観的な視点をもつ必要があります。
自分で考えた内容だけでは、ありきたりな内容や、自分の語彙力に左右された内容にしかなりません。
転職活動の書類や面接で利用しようとするなら、客観的な視点の自己分析が必要不可欠となります。

 

客観的な自己分析を行うには、リクナビNEXTのグッドポイント診断の利用をおすすめします。
グッドポイント診断は、8568通りの中からあなたの強みを5つ見つけてくれます。
さらに、5つの強みにそれぞれ詳細なコメントを書いてくれているので、参考にして書類選考や面接で利用することができます。

 

もちろん、無料で利用できて、運営するのがリクルートなのでその一流のデータを利用することができるわけです。
ただし、いつまで利用できるか分かりません。
利用できるうちに、診断の結果だけでもスマホに保存しておけばいつでも確認できるようになります。

 

ぜひ、グッドポイント診断を利用して客観的な自己分析を簡単にやってみましょう。

グッドポイント診断で客観的な自己分析をやってみる

コメント

タイトルとURLをコピーしました