ブラック企業で働いていると将来、子供に「父親」と認識されない理由

ブラック企業_子供 ブラック企業体験談

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

あなたは、将来子供ができても自分を「父親」と認識されないことがあるって知っていますか?

 

ぼくはまだ子供がいませんが、将来、自分の子供を大切にしたいと考えています。
子供との時間も優先して生活をしていきたいですし、できる限り子供の側にいてあげられるような父親になりたいと思っています。
でも、過去のぼくのようにブラック企業で働いていると、子供に「父親」として認識されません。

 

本日は、ブラック企業で働いていると子供に「父親」として認識してもらえない理由についてお伝えします。

 

ブラック企業で働いていると子供に「父親」と認識してもらえない理由

ブラック企業で働いていると、自分の子供から「父親」と認識してもらえません。
その理由は、ブラック企業では忙しくて家にいることができないからです。

 

よく耳にする事例としては、たまに子供に会ってから仕事に行くときに「お父さん、また遊びにきてね!」と言われます。
家には毎日帰っていても、子供が寝てから帰宅し、子供が起きる前に出勤するので子供からすると「お父さんはたまに遊びに来てくれる人」という認識がついてしまうようです。

 

また、父親のことを「よく会うおじさん」くらいにしか認識していない子供もいるようです。
そもそも子供と会う時間が少なすぎて、「父親」と認識してもらえないこともあります。
もちろん、父親は子供のために一生懸命働いてお金を稼ぐことが必要です。
でも、子供に「父親」として認識してもらえないなんて、悲しすぎますよね。

 

いくら子供の為とはいえ、ブラック企業で働くことだけでも辛いです。
それに加え、子供からも「父親」として認識されないなんてぼくなら耐えられません。
ブラック企業で忙しく働いているうちに、子供との時間も奪われてしまいます。

 

ブラック企業では子供を優先する選択肢すら与えられない

スポンサーリンク

あなたはもし、子供がいたら仕事と子供どちらを優先しますか?
もちろん仕事をしなければ子供を養うことはできません。
でも、仕事ばかりしていたら子供に「父親」として認識してもらえません。

 

あなたが子供を優先にしたいと考えていても、ブラック企業では許されません。
むしろ、子供のためにもっと残業や休日出勤をして仕事をしろと言われるのがブラック企業です。
仕事をする以上、あなたには責任が生まれます。
急な仕事の呼び出しにも対応しなければいけないことも出て来ます。
特に、ブラック企業だと休日の仕事や対応が多くなります。

 

子供の学校の行事にも、仕事で行けないかもしれません。
子供と遊びに行く約束も急な仕事で、約束を果たすことができないかもしれません。

 

今のままブラック企業で働き続けることで、自分の意図しない働き方をし続けなければいけなくなります。
少なくても、あなたと、子供はブラック企業によって幸せを奪われることが予想されます。
予想は限りなく現実のものとなるでしょう。

 

あなたが子供より仕事を優先するという、選択をしたのであれば良いです。
1つの選択なので、正解か不正解ではありませんから。
でも、あなたが選択する考えを選べないのがブラック企業です。
子供のためにも、ブラック企業で働くことは今のうちから辞めましょう。

 

まとめ

あなたは、仕事と子供のどちらを優先しますか?
もちろん正解はありません。どちらも正しいです。
でも、ブラック企業で働いていると子供から「父親」と認識すらしてもらえないかもしれません。

 

ブラック企業ではサービス残業や休日出勤などで、家にいる時間が少ないからです。
寝るために帰っている状態では、子供も「父親」とは認識できないですよね。

 

子供と仕事はどちらも大切です。
ですが、重要なのは自分で優先するものを決めることです。
子供を選ぶ人もいれば、仕事を選ぶ人もいます。
どちらも立派なことです。

 

でも、ブラック企業では選択することすらできません。
仕事を優先にするしかない状況となります。
むしろ、子供のためにもっと働けと言われるでしょう。

 

重要なのは、自分で選択ができることです。
ブラック企業にい続ければ選択することなく、会社の言う通りの人生しか歩めません。
本当に大切にしたいものは、自分で選べるようになりましょう。

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました