夫や彼氏の会社がブラック企業かどうか確認するための3つのポイント

ブラック企業_夫彼氏 ブラック企業体験談

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

あなたの夫や彼氏が勤めている会社はブラック企業ではないですか?

 

4人に1人がブラック企業に勤めているといわれる中、ブラック企業に人生を壊される人も多いです。
自分の夫や彼氏がブラック企業に人生を壊される前に助けてあげたいですよね。
ぼく自身、ブラック企業で働いている時に当時の彼女に助けて貰えたからいまはホワイト企業に転職することができています。

 

本日は、夫や彼氏の会社がブラック企業かどうかを見極める3つのポイントについてお伝えします。

 

ブラック企業かどうかを確かめる前に見て欲しいこと

ブラック企業に自分の夫や彼氏が勤めているなら、すぐにでも助けてあげてほしいです。
でも、ブラック企業かどうかを確かめる前に、夫や彼氏が「辛そう」かをまず見てあげてください。

 

もし、毎日仕事が辛そうだったらすぐに助けてあげてください。
でも仕事は大変そうだけど楽しそうにやっていたら、もう少しだけ見守ってあげてください。
あなたから「仕事辞めたら?」と言われたら、楽しみながらやっている仕事を辞める判断をしなくてはいけなくなります。
仕事より家族の方が大事ですからね。

 

仕事において最も大切なのは、楽しむことができるかだと考えています。
どんなに辛くても、仕事が楽しければ続けられるし、本人はブラック企業だと思っていないでしょう。
楽しい仕事を辞めることになったら辛いものです。
楽な仕事でも楽しめなければ、ブラック企業より辛いと考える人もいるでしょう。

 

夫や彼氏の会社がブラック企業かどうかを確かめる前に、「楽しそう」に仕事をしているかをまず見てあげてください。
もし、毎日「辛そう」に仕事をしているなら、手助けをしてあげてください。
あなたが心配する気持ちは、夫や彼氏は普段は気がつきません。
ちゃんと声にして伝えてあげてください。

 

夫や彼氏の会社がブラック企業かどうかを確かめる3つのポイント

もし、夫や彼氏が次の状態だったらブラック企業の可能性があります。
会社を辞めることや、転職を勧めてあげてください。
何も言い出せずにいると、どんどん悪い状況になる恐れもあります。

 

ポイント①残業が多すぎるブラック企業の場合

まずは残業時間の多さを見てあげてください。
ブラック企業の代名詞となる、長時間の残業に彼は疲れていませんか?

 

どんな会社でも、多少の残業はあるものです。
まったくない会社の方が珍しいので、ある程度の残業は常識の範囲内です。
でも、毎日帰りが22時や23時など深夜になっていたら要注意です。
始業時間によっては、20時や21時でも過剰に残業をしている場合もあります。

 

残業が多すぎる会社は、ブラック企業である可能性が高いです。
会社は残業させるためには、「36協定」を結ぶ必要がありますが、それでも原則月に45時間までしか残業することはできません。
ただし、特別な場合は上限を80時間まで延長することはできますがこれにも限りがあります。

 

どうしても忙しい月やタイミングはありますが、毎月の残業時間がどれくらいか、ざっとでも確かめてみてください。
そして36協定で定められている時間と照らし合わせて、定められた時間内での残業かをみることでブラック企業かどうか判断してください。
残業時間が多いかどうかは、比較的分かりやすい判断材料になります。

 

ポイント②正しい給料を支払わないブラック企業の場合

スポンサーリンク

ブラック企業の中には、きちんと給料を支払わない会社もあります。
とくに、残業代はサービス残業として1円にもなっていない、なんてことはザラにあります。
夫や彼氏の給料を確認して、労働時間と照らし合わせて正しいかを確認してください。

 

ちなみにぼくはブラック企業で働いているとき、時給換算700円ほどでした。
残業は月に100時間は余裕で超えていましたけど、ほとんどサービス残業となっていたので残業がない人とも同じ給料だったため時給換算すると激安の給料で働いていました。

 

お金だけがすべてではありません。
少ない給料でも自分の時間がたくさんあれば、充実した毎日は送れます。
時間がなくても給料がその分もらえれば豊かな生活もできます。
でも、時間も奪われ、給料も安すぎるのでは救われません。

 

たくさん働いて毎日頑張っているのに、給料が安すぎるのは辛すぎます。
夫や彼氏のためにも、どのくらい働いて、どのくらい給料をもらっているのか確かめてあげてください。
今後の2人のためだといえば、普段言いづらい給料の話もしっかり言ってくれるはずです。

 

もし、給料をいくらもらっているか頑なに隠すようなら、危険です。
「こんなに働いているのに、これだけしか貰ってないの?」と女性に言われると男はきついです。
だから、隠します。

 

正直に、「あなたのことが心配で。」と言ってあげてください。
真剣に話をしたら、きっと聞いてくれます。
夫や彼氏もあなたより会社を優先する気はないはずですから。
給料を確かめて、多いか少ないかではなく、「正しい給料」を貰っているかを確認してあげましょう。

 

ポイント③理不尽な上司がいるブラック企業の場合

あなたの夫や彼氏は、落ち込んだり、なんとなく元気がない時がありませんか?
もしかしたら、会社で理不尽に怒られたり、嫌がらせを受けているかもしれません。
会社の話を聞いてあげて、どんな会社かどんな人と働いているか聞いてあげてください。

 

会社には、たとえ会社全体はしっかりしていても、部署やチームによってブラック企業となる場合があります。
主に上司の人間性が、問題となるケースが多いです。
理不尽に怒ったり、指示が適当だったり、それでミスをしたら部下に責任をなすりつけるような上司は少なからず存在します。

 

夫や彼氏は、上司の人間性によって疲れ果てているかもしれません。
上司も人間なので、完璧な人はいません。
でも、常識を逸した人が上司になると部下となった人は苦労します。
毎日顔を合わせるし、機嫌を伺わなくてはいけなかったりもします。

 

親と上司は選べないと言いますが、自分で会社は選べても上司は選ぶことができません。
会社での話を聞いてあげることで、どんな人と一緒に働いているか見えてきます。
同じ上司や先輩などの愚痴が出てきたら、その人のせいであなたの夫や彼氏は疲弊しているのかもしれません。

 

上司との関係性は仕事のうえで非常に重要です。
何年も同じ上司の元で働いていくこともあります。
夫や彼氏の話をしっかり聞いてあげて、会社は問題なくても上司に問題があるのを聞き取ってあげてください。
上司から理不尽に怒られたり、ミスを押し付けられたりを継続的にされると精神を病んでしまう場合もあります。
夫や彼氏の健康のためにも、話しを聞いてあげて、あなたが思う通りにアドバイスしてあげてください。

 

まとめ

あなたの夫や彼氏の会社はブラック企業ではありませんか?
もし、ブラック企業だったら是非とも助けてあげて欲しいです。
ブラック企業で働いている人は、正常な判断ができなくなっています。
あなたの声で、正しい道に導いてあげてください。

 

夫や彼氏の会社がブラック企業かどうか確かめるポイントは次の3つです。

  • ポイント①残業が多すぎるブラック企業の場合
  • ポイント②正しい給料を支払わないブラック企業の場合
  • ポイント③理不尽な上司がいるブラック企業の場合

 

男は弱みをなかなか見せられない生き物です。
辛かったり、心を病みそうになっても正直に言うことはできません。
どこか、カッコつけたいと思ってしまうんですよね。
だからこそ、あなたの言葉で救ってあげて欲しいんです。

 

ぼくもブラック企業にいましたが、彼女に弱みは見せられませんでした。
強がって、他者を批判して、自分を正当化しようとするばかりでした。
本当は毎日会社に行きたくなかったし、他の人が羨ましかったです。
でも、彼女が気づいてくれてアドバイスをくれたから、今のぼくがあります。
たった一言で、転職するきっかけを作ってくれて、現にいまは転職してホワイト企業にいます。

 

あなたのたった一言で夫や彼氏を救うことができるかもしれません。
まずは、彼の会社がブラック企業かどうかを確かめてあげてください。
そして、2人で幸せな毎日を過ごしてください。

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました