事務の仕事に転職したい人が転職できない理由│どうしたら転職できるか

事務の仕事に転職したい人が転職できない理由│どうしたら転職できるか 業種/職種

 

[char no=”1″ char=”コジロー”]事務の仕事に転職したいけどできない人って多いよね。[/char]

 

ボクの周りでも事務に転職したいと思っている人は多いです。
営業がキツイから、立ちっぱなしの仕事が辛いから、といった理由が主ですね。

 

でも、事務への転職も簡単ではありません。
事務の仕事に転職したくてもできない人は大勢います。

 

この記事では、事務の仕事に転職したくてもできない人へ、理由とどうしたら転職できるかを考えていきます。

 

事務の仕事に転職したいけどできない3つの理由

まずはなぜ、事務の仕事を希望しても転職することができないかを考えます。
大きく3つの理由があると考えられます。

 

事務の仕事は人気が高い

事務の仕事は単純に人気が高いです。
あなたが事務の仕事を選ぶように、他の人達も同じように事務の仕事を選びます。

事務の仕事の魅力としては、ぶちゃけ「楽そう」というイメージがあると思います。
ボクもあります。

 

責任はそれほど重くなく、仕事内容も単純作業、必要なスキルは少々のExcelくらいでしょう。
それでも給料は正社員の金額はもらえるので、生活の質も高くすることができます。

 

その他にも様々な条件からしても、事務の仕事は魅力的で、人気も高くなります。

 

事務の仕事を辞める人が少ない

事務の仕事を辞める人は少ないです。
イメージ通り、キツくなくて辛くもないなら辞める理由ってないですよね。

 

基本的に、求人を募集するタイミングは人員が足りなくなった時です。
しかし、辞める人がいなければ人を求めることもないので必然的に、求人より応募数の方が大きくなります。

 

そのため事務の仕事へ転職することが難しくなります。

 

事務の仕事は経験が重要視される

事務の仕事では経験が重要視されます。
企業からしたら、黙っていてもたくさんの応募がきます。
だったら、より優秀で企業の利益に貢献してくれる人を採用します。

 

事務の仕事の経験がある人と、ない人、どっちが企業に貢献できるでしょうか。

 

もちろん経験がある人ですよね。
事務の仕事の経験が無ければ、当然ながら転職も難しいです。

 

どうしたら事務の仕事に転職できるか

事務の仕事に転職できない理由は書きましたが、では、どうしたら事務の仕事へ転職することができるでしょうか。
ずばり、転職できない理由を潰していくことで転職できる人になっていきます。

事務の仕事は人気が高く、辞める人も少なく、経験が重要視されます。
ここからどうしたら転職できるようになるかを考えてみます。

 

事務の仕事はただでさえ人気が高いので、人気が少ない場所を選ぶ

事務の仕事を選ぶ人は、キレイなオフィスで華麗に働く自分の姿を想像する人が多いです。
だれでも、汚いオフィスよりはキレイなオフィスで働きたいですよね。

 

でも、キレイなオフィスがあるような会社は人気が高いです。
だから事務の仕事に転職したい人は、オフィスがキレイじゃない会社を選びましょう。

 

あくまで例ですが、人気のない業界や、交通の便が悪い立地の会社、日常生活から遠いニッチな会社を選ぶことで少しでも競争を避けるようにしましょう。

 

辞める人が少ないから、常に求人情報をウォッチしておく

事務の仕事は辞める人が少ないです。
だから、求人が出たらすぐに応募がきて求人の公開も終わってしまいます。

 

少ないチャンスをものにするためには、少ない求人に常にアンテナを貼っておくしかありません。
具体的には、転職サイトに登録して暇な時にはスマホでチェックするクセをつけて、いつでも動けるようにしておきましょう。

 

たまたま、あなたが動き出したタイミングで、自分が望む求人がある保証はありません。
もしかしたら動き出す1日前にすごく良い求人があるかもしれません。
だから、いつでも求人情報はチェックする必要があります。

 

事務の仕事に転職したいならとりあえず事務を経験する

事務の仕事に就くには、経験が重要です。
しかし、経験がないから事務の仕事ができないのでは、堂々巡りになってしまいますよね。

 

事務の経験をするために、正社員だけを目指すのではなく非正規社員でも経験を積みましょう。
事務の仕事は非正規社員でもできると考える企業は多いです。

 

なので、まずは正社員にこだわらず非正規社員やバイトなどでも事務の仕事を経験してから、転職活動として正社員の事務職を目指しましょう。

 

事務の仕事に転職するためにアピールすること

ボクがおすすめする事務の仕事への転職の際のアピールは、実績があること、辞めないことです。

 

実績があることをできる限りアピールする

実績については、どんなに少ない実績でもアピールしましょう。
何年経験があるとか、どんな会社で事務をしていたかなど、できる限り具体的な実績としてアピールします。
0を10にしてアピールするのはいけませんが、1を5くらいにするのは技術だと思います。

 

例え実績が1しかなくても、それを1としか伝えないのと、5として伝えるのでは受け取り手の安心感が違います。
実績が乏しいと思うなら、入社してから必死に頑張りましょう。

 

辞めないで長い期間働く意思があることをアピールする

企業として事務に求めるものは、優秀であることより、辞めないことです。
事務の仕事を非正規社員に任せていることからも、仕事のできよりも継続して働いてくれることを期待していると考えられます。
そのため、アピールとしては長い期間働く意思を見せることが重要です。

 

もちろん家庭の事情やプライベートの影響で、すぐに退職しなくてはいけないこともあるでしょう。

それでも未来のことは置いておいて、あなたの気持ちとして働き続けることをアピールします。

 

事務職がいい理由は明確?他の職種も見てよう

そもそも事務職を希望する理由は明確ですか?

ボクの周りでも、事務職を希望する人はいますが理由が曖昧なことがほとんどです。

なんとなく事務職が良い、楽そうだから、資格いらないからとネガティブな理由も多いです。

 

ボクが思う事務職が人気な理由は、職種を知らない人が多い、です。
有名な職種は知っているでしょう。
営業や販売員、弁護士、警察官、サッカー選手など。

 

でも、自分が実際になれる職種を知らない人が多いです。
世の中にどんな職種があるか知りたい人は、転職サイトで職種一覧を見ると、どんな職種で求人があるか知ることができます。

 

求人がある職種一覧を見てみる↓

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

まとめ

事務の仕事は人気が高くて、辞める人が少ないです。
さらに、実績や経験が重要視されるので、初めて事務の仕事に転職しようと思っても難しいです。

 

事務の仕事に転職するには、人気のない場所を選び、求人情報を常にウォッチすることが重要です。
また、どんな形でも事務を経験しておけば転職にも有利に働きます。

アピールする内容としては、実績や経験があることと、長く働く意思があることを強調してアピールしましょう。

 

ただし、あなたにできる仕事は事務職だけじゃないことを認識しましょう。
自信がないかもしれないですが、まずは世の中にどんな仕事があるかを知りましょう。

そういえばこんな仕事あるよね!って思うはずですよ。

 

 

職種一覧を見てみる↓

転職、求人情報ならリクルートの転職サイト
【リクナビNEXT】

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました