ブラック企業に甘えた結果を3年間ブラック企業に甘んじた経験者が語る

ブラック企業_3年間 ブラック企業体験談

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

あなたは、ブラック企業に甘えるという意味がわかりますか?

 

ぼくは3年間ほどブラック企業に甘んじていました。
その結果、社会人として大切なものを失っていきました。

 

本日は、ブラック企業に甘んじた結果を経験者がお伝えします。

 

ブラック企業に甘んじた結果こうなった

ブラック企業はあらゆるものを奪っていきます。
でも、奪われるだけでなく、ブラック企業というものに甘えてしまうこともあります。
甘えてしまうとどうなるか、経験者がその結果をお伝えします。

 

①仕事に対するやる気がなくなった

ブラック企業という環境に慣れると、仕事に対するやる気というやる気をなくします。
仕事はどんなに頑張っても自分が苦労するもの、何も得をすることがないものというイメージがついてしまいます。

 

ぼくが在籍していたブラック企業では、とりあえず1日の拘束時間が長かったです。
長時間の残業時間があるにも関わらず、3年ほど勤められていたのは、仕事に対するやる気がなくなったからと言えます。
お客さんのところに行く途中で、時間があればコンビニに車を止めて仮眠をとったり、高速道路のパーキングエリアで仮眠をとったりと、とにかく寝る時間を作っていました。

 

やる気がないので、成績がどんなに低くても何も気になりませんでした。
上司に怒られても、お客さんに怒られても何も響いてきませんでした。
給料が増えても減ってもなにも感じませんでした。

 

やる気がなくなることで、感情の起伏も減った気がします。
喜怒哀楽を感じずに過ごす毎日は、世の中が灰色に見えます。

 

転職に成功して、仕事へのやる気を多少取り戻したものの、一度失った仕事へのやる気は取り戻すのに苦労します。
本当に好きだと思える仕事に出会えなければ、もしかしたらずっとやる気を失ったままかもしれません。

 

②仕事ができるようにならず年だけとった

ブラック企業で働いている間、何をしても成績や評価に繋がりませんでした。
成績や評価に反映されるのは、仕事ができるようになったかどうかではなく、上司や会社の気分で決まっていました。

 

なので、前年と同じような成績でも評価がA判定だったりE判定だったりしました。
そんな状態で、仕事へのやる気がなくなるのは上記の通りです。
でも、仕事もできるようになりませんでした。

 

転職して気がつきましたが、同年代は自分よりも仕事ができます。
普通の仕事を普通にやっていれば身につくような仕事の仕方も、ブラック企業で働いているとブラック流が身についてしまいます。
ブラック流は一般企業では通用しません。
残業をたくさんやって押し込んだり、脅し半分の営業トークなんかしたらまとまな企業・業界では追放されます。

 

年相応の仕事をできるようになるには、他の人より努力しなくてはいけません。
ただ今、努力真っ最中です。
他の人が面倒臭がるような仕事を積極的にやり、休日も仕事の勉強や本を読んだりしています。

 

ブラック企業に甘んじた結果、社会人としての成長期を無駄に過ごしてしまいました。
全く無駄になったわけではありませんが、ブラック企業から抜け出してしまうと無駄になります。
若い時代を甘えて過ごしたので、抜け出したタイミングから厳しい現実がまっています。
それでも、抜け出した方が幸せには間違いないですが。

 

③残業時間に対する意識が低くなった

スポンサーリンク

ブラック企業に甘んじると、残業時間に対する意識が低くなります。
どんなに残業しても残業代が出ないのがブラック企業なので、定時を過ぎても焦ることがないです。
本来であれば、仕事を終えなくてはいけない時間なのに、残業代がでないのでダラダラと仕事をし続けます。

 

ブラック企業にいる時はまだ良いです。
会社は残業代を出さない、自分も気負わずに残業するので誰も困りません。

 

でも、残業時間に対する意識が低い状態だと、ホワイト企業では苦労します。
残業時間を頭にいれずに仕事を組み立てるので、どうしても仕事が遅くなります。
これが上記の仕事ができないにも繋がるわけです。

 

仕事が遅くなると、もちろん残業をするわけですが、ホワイト企業は残業代をきちんと出してくれます。
会社は残業代を払うけど、その分の利益があるわけではありません。
頑張れば定時内に終わるような仕事を、プラスアルファ残業代を支払わなければいけないのですから。

 

ブラック企業にいた時の残業時間に対する感覚が変わらず、ホワイト企業に転職できても会社に迷惑をかけてしまうことになります。
この感覚はやっかいで、なかなか変えられません。
むしろ、残業時間の方が集中できるなんて状態になってしまったりします。

 

仕事の組み立てを残業時間を含めずに行い、定時内で仕事を終えるように努力が必要です。
本来であれば、当たり前のことにもパワーが必要になるわけです。

 

ブラック企業に染まらないためには

ぼくのようにブラック企業に3年もいると、なかなか習慣や考え方が変えられません。
ブラック企業に甘んじるということは、ブラック企業に染まるということです。

 

ブラック企業に染まった人間は、ホワイト企業の人は欲しがらないようです。
再教育も面倒臭いですしね。
ブラック企業に染まらないためには、「ブラック企業だ」と気がついた時にすぐに逃げることです。

 

ブラック企業で過ごす時間が少なければ少ないほど、ブラック企業にも染まりません。
転職活動をした時にもホワイト企業に敬遠されることもありません。
仕事に絶望したり、仕事ができなくなったり、残業時間を無駄に過ごすこともなくなります。

 

1日でも若いうちに逃げ出すことで、その先の社会人生活を豊かにすることができます。

 

まとめ

3年間もの期間をブラック企業で甘んじてきました。
その結果、大事なものを失ってしまいました。

 

  • 仕事に対するやる気がなくなった
  • 仕事ができずに年だけとった
  • 残業時間に対する意識が低くなった

 

社会人としての成長期ともいえる20代前半を、ブラック企業という特殊な空間で過ごしてしまうと大切なものを失います。
また、失うだけではなく、転職しようとした時もブラック企業で働いていたことが経験されることもあります。

 

ブラック企業に染まる前に、1日でも早く抜け出すことが重要です。
いくらブラック企業とはいえ、慣れてしまうとなんとか過ごしてしまえるものです。
そんな環境に甘んじることなく、もっと先の自分の人生を見据えましょう。

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました