仕事を辞めたいなら「仕事を辞めたい」と会社に伝えるべき3つの理由

仕事辞めたい_会社に言うべき 転職活動

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

あなたは、「仕事を辞めたい」と会社に伝えるべきだと思いますか。

 

仕事が辞めたくても会社に言うのは勇気が入ります。
まだ転職先も決まっていなくて、言ってしまったら会社で働き続けるのも居心地が悪くなると考えてしまいます。
でも、本気で仕事を辞めたければ会社に「仕事を辞めたい」と伝えるべきです。

 

本日は、仕事を辞めたければ「仕事を辞めたい」と会社に伝えるべき理由をお伝えします。

 

「仕事を辞めたい」と会社に伝えるべき3つの理由

仕事を辞めていく人は、会社に「仕事を辞めたい」とは伝えません。
ほとんどの人が「辞めます」と言って、去っていきます。
でも、それって本当はもったいないことかもしれません。
会社に「仕事を辞めたい」と伝えるべき理由を3つ書いています。

 

理由①仕事を辞めたい原因を会社が対策してくれる可能性がある

仕事を辞める人はたいてい会社になにも相談せずに辞めます。
ほとんどの人が、言っても意味ない、伝わると面倒なことになると考えるからです。
実際、そうなることも多いでしょう。

 

でも、会社に「仕事を辞めたい」と伝えることで、会社が対策してくれることもあるはずです。
社員が会社を辞めることは、会社としても望ましくはないからです。
新しい人を雇わなくてはいけないリスクや、人員配置を考える必要があったり、離職率が上がってイメージダウンにも繋がるからです。
そんなデメリットを被るなら、今いる社員が辞めないように対策をすることもあります。

 

ぼくが今いる会社でも、辞めようとする人を比較的ストレスが少ない部署に転属させる対応があります。
他にも、勤務時間が長いことが仕事を辞めたい原因であれば時短勤務の対応があったり、在宅勤務の制度を取り入れている会社もあります。
一度、会社に「仕事を辞めたい」と伝えることで、新しい働き方を得られる可能性があります。

 

もし、今の会社の対応や制度を利用することで「仕事を辞めたい」と思うことが回避できるなら、上司や人事に相談してみてはいかがでしょうか。

 

理由②会社も辞めたいほどの労働環境を把握できない

会社としても全ての社員の肉体的・精神的な疲労を把握することはできません。
あなたがどれほど辛い思いをしているのか、どのような労働環境で仕事をしているのかを100%理解することは難しいです。

 

会社内での噂で、あそこの部署は大変らしい、あそこは楽らしいと聞くことはできます。
ただ、本当の現状を把握するのは至難のワザです。
だからこそ「仕事を辞めたい」ときちんと伝えるべきです。

 

SOSを発することで、あなただけではなく他の社員の状況も把握することができます。
会社が改善に踏み切るのもきちんと状況が分かってからです。
なんとなくでは動けないですからね。

 

見てれば分かるだろ、というのは自分勝手な考えです。
家族や恋人じゃないので、言いたいことは伝えるべきです。

 

理由③自分自信で仕事を辞めたい理由を明確にできる

会社に「仕事を辞めたい」と言うのは勇気が入ります。
なぜ、勇気がいるのかというと、まだ「仕事を辞めたい」理由が明確になっていないからです。

 

なにが辛くて、なにが問題で、どうなりたいから「仕事を辞めたい」のか。
辞める理由が明確にさえなっていれば、会社に「仕事を辞めたい」と伝えるのに勇気はいりません。

 

もし、会社から「はい、そうですか。」と言われたら本気で辞めれば良いだけです。
「仕事を辞めたい」理由を明確にできれば、あなたが今の会社にいる理由はありません。
いなくなる理由が明確になっているのだから。

 

「仕事を辞めたい」理由を明確にして、会社が対策してくれるなら辞める理由がなくなるので、転職もしなくて済みます。
でも、会社が対策も取らず、状況が好転しなければ仕事を辞めるしかないでしょう。

 

反対に、仕事を辞めたい理由が明確じゃないうちに会社に「仕事を辞めたい」と伝えても、会社も対応することができません。
結局なにも変わらず、あなたがなんとなく「仕事を辞めたい」と思っていることしか会社も把握することができないでしょう。
それでは言うだけ無駄になります。
もしかしたら、もっと辛い状況になる恐れもあります。
「仕事を辞める」社員に、厳しい会社もたくさんありますから。

 

「仕事を辞めたい」と思うなら、まずは自分で「仕事を辞める理由」を明確にすべきです。
残業時間なのか、人間関係なのか、仕事内容なのか、働き方なのか。
会社に「仕事を辞めたい」と伝えるということは、理由も明確になるはずです。
なので、会社に伝えることで自分の中でも「仕事を辞める理由」を明確にしましょう。

 

会社に「仕事を辞めたい」と伝えて何も変わらなければ辞めれば良い

スポンサーリンク

「仕事を辞めたい」と会社に伝えるべき理由を3つお伝えしました。
会社にきちんと伝えても、何も変わらないこともあります。
気持ちが伝わらなかったり、考えが合わなければ会社も動いてはくれません。

 

「仕事を辞めたい」と会社に伝えても何も変わらなければ、辞めてしまえば良いです。
はじめに伝えて、何も動いてくれなければこの先ずっと変わらないでしょう。
あなたは「仕事を辞めたい」と思い続けながらこの先ずっと働き続けることになります。
それで幸せになれますか?

 

仕事は人生における手段であり、目的ではありません
仕事のために生きている人だったら自分で起業しているでしょう。
あなたの人生において仕事はそこまで重要ではないはずです。
それも、たまたま入社した1社であれば余計にこだわる必要はありません。
1日でも早く抜け出して、「仕事を辞めたい」と思い続ける人生から抜け出しましょう。

 

あなたには、「仕事を辞める」理由がありますから今の会社にいる必要はありません。
もし、本当に退職に向かって動き出したと単に会社が止めようとしても、もう耳を傾けてはいけません。
あなたの会社は、あなたのことを考えることなく、自分たちのことばかり考えているからです。
そんな会社に人生を奪われるようなことはあってはいけないはずです。

 

まとめ

「仕事を辞めたい」と思ったなら、その気持ちは会社に伝えるべきです。
会社に言う前に転職活動を始めたりする人が多いなかで、会社にきちんと伝えるべき理由を3つ書きました。

 

  • 理由①仕事を辞めたい原因を会社が対策してくれる可能性がある
  • 理由②会社も辞めたいほどの労働環境を把握できない
  • 理由③自分自信で仕事を辞めたい理由を明確にできる

 

「仕事を辞めたい理由」を会社が潰してくれるなら、それはラッキーですよね。
もう悩む必要も、転職活動する必要もなくなりますから。
会社に対応してもらうためには、「仕事を辞めたい」ときちんと伝えなければいけません。

 

会社も全ての社員の労働環境を把握しているわけではないのです。
噂では知っていても、本人のSOSが無ければ動けないという事情もあるかもしれません。
自分のためにも、会社のためにも「仕事を辞めたい」と伝えるのはアリです。

 

会社に「仕事を辞めたい」と伝えるのには、きちんとした理由も必要です。
理由が不明確な状態から、会社に伝えることで自分の中で「仕事を辞める理由」をしっかり考えます。
すると「仕事を辞める理由」が明確になって、会社からの対応で辞めずにすむか、辞める理由が改善されないので退職するかの選択を迷うことなくできるようになります。
そういった意味でも、会社に「仕事を辞めたい」と伝えることは有意義です。

 

会社に「仕事を辞めたい」と伝えても、何も状況が変わらなければ辞めてしまいましょう。
おそらく、この先もずっと状況は変わりません。
あなたの人生のまたしばらくは、「仕事を辞めたい」と思い続けならが嫌な仕事をするハメになります。
だったら、退職して新しい仕事を見つけるか、自分に合う働き方を模索するのも正解です。

 

仕事は手段であって、目的ではないはずです。
あなたの人生の目的を忘れずに、「仕事を辞めたい」と思う生活から1日でも早く抜け出しましょう。

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました