飲み会の愚痴会はもう嫌だ…今すぐ辞めるべきたった1つの理由

同期_愚痴飲み会 ホワイト企業に転職して

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

あなたは、同僚と愚痴飲み会をしていませんか?
本当にその時間の使い方は有意義ですか?

 

ぼくはブラック企業で働いている時、定期的に同僚と愚痴飲み会を開いていました。
その当時は唯一の楽しみでもありましたが、ホワイト企業に転職したらまったく愚痴飲み会はしなくなりました。

 

本日は、愚痴飲み会は楽しいけど辞めた方が良い理由についてお伝えします。

 

愚痴飲み会で生まれるものある?

あなたは今まで、愚痴ばかり言い合う「愚痴飲み会」でなにか得たものはありましたか?
おそらく、特に何かを得る、何か生産性のあることが起きたことはないでしょう。

 

会社や上司、お客さんとのやりとりの中で理不尽だったことや、納得できなかったことを言い合います。
そこで自分の考えは間違っていなかった、あの人はおかしい、など同僚と酒を交わしながらお互いに報告を行います。

 

その報告を聞いて、その後の社会人生活で活きたことはなかったはずです。
もし、愚痴飲み会が発端となって新しい仕事が生まれたり、職場環境が改善されたり、人間関係が有効にできたなどの効果が出たら、是非、続けて頂くのもいいですが、全く何も生み出していないなら愚痴飲み会は誘われても断るべきです。

 

なぜサラリーマンは愚痴が好きか

そもそも、世のサラリーマンたちはなぜ愚痴を言い合うのが好きなのか。
それは働く中でのストレスをどこかで吐き出したいからです。

 

吐き出す場所が、愚痴飲み会にしかないのです。
家では仕事の話しなんかできず、会社では人の目もあり、休みの日に友達と会う機会も減っているから愚痴を言える場所がもはや同じ会社の同僚との愚痴飲み会しかありません。

 

ストレスを感じなければ、愚痴を言い合うこともなくなりますが、今の日本人の働き方からするとストレスを全くなくすのは難しいでしょう。
仕事をしている限り、人間関係は付き物ですし、仕事もずっとうまくいき続ける人の方が珍しいです。
そんな中で、ストレスを感じるのも無理はありません。

 

そのストレスの解消の仕方が、愚痴を言い合うことしか知らない人が多いのは問題です。
ストレスの解消の仕方は人それぞれですが、愚痴飲み会の他にも、スポーツしたり、趣味のことに没頭したりといくらでもストレス解消法はあります。
ストレスのせいで、愚痴を言いたくなる気持ちも分かりますが、愚痴を言う時間があればもっと自分にとって有意義な時間の使い方をしましょう。

 

愚痴ばっかり聞いて飲む酒はうまいか?

ぼくはお酒すきなので、誘われたら基本誘いに応じます。
ただし、ウキウキ気分で行った酒の席が愚痴ばかりだと、お酒がまずくなります。

 

面白い愚痴、サッと終わる愚痴なら酒のサカナにもなるってもんですが、長々ダラダラした愚痴は聞いている方も苦痛です。
愚痴を言った人はスッキリできますが、聞いている方はたまったもんじゃないです。

 

さらに、その愚痴に対して自分なりの考えを伝えてもたいてい聞いてもらえませんよね。
愚痴を言う人は、正しい答えを求めているわけではなく、ただ愚痴を聞いて欲しいだけですから。
(これに気づくまで数年かかりました。それまで、意見を言うと逆ギレされたことも多数・・・)

 

せっかく飲み会に行くなら、愚痴飲み会じゃなくて、楽しい飲み会にしましょう。
その方が、お酒がおいしいです。

 

愚痴飲み会行くなら家帰って自分の時間に使うべき

スポンサーリンク

仕事終わったあとの時間の使い方は一番重要です。
その大切な時間を愚痴のために使うのは辞めて、自分のための時間として使いましょう。

 

サラリーマンのように、平日の日中を仕事で使ってしまうと、自分のために使える時間は平日の夜と休日だけになります。
でも、実際に自分の時間を確保しようと思うと、休日って難しいですよね。
家事をしたり、友達と遊びにいったり、ダラダラ寝てしまったり。

 

本当に自分のためだけに使える時間って、平日の夜が一番使いやすいはずです。
会社から帰って、ご飯食べて、お風呂に入れば、あとは自分の時間です。
自由な時間です。

 

その自由な時間の使い方によって、今後の人生の充実度が変わります。
愚痴飲み会のような、何も生まないことに時間を費やしていたら、一生愚痴を言い続ける生活で終わります。
もし、毎日少しずつでも、1つのことに没頭できれば、1年後、10年後には人生において自分の強みになることができるはずです。
今の人生で物足りない、後悔していること、憧れているものがあれば時間の使い方を考えて有効に使いましょう。

 

まとめ

愚痴飲み会(会社の同僚と愚痴を言い合う飲み会)は、全く意味がない、むしろマイナスにしかならないので辞めましょう。

 

サラリーマンが愚痴を好きなのは、日頃からストレスを感じているのを発散するためです。
でも、愚痴を言ってストレスが発散されるのは愚痴を言う本人だけで、周りの人はきついです。
さらにストレスを発散する方法を愚痴を言うことしか知らないのも問題です。

 

 

ストレスの発散方法は、人によって違いますが色々なやり方があります。
その方法を見つけることさえできれば、愚痴飲み会を辞めることもできます。

 

サラリーマンにとって、自分の自由な時間は人生において非常に重要な時間です。
自分のやりたいことや、やらずに後悔していること、憧れているけど手が出ていないことなどに挑戦する唯一の時間です。

 

是非、愚痴飲み会なんて不毛な時間を捨てて、自由な時間を自分のために使いましょう。

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました