転職活動がバレたら?バレないようにした転職活動での行動内容を紹介

転職活動がバレたら?バレないようにした転職活動での行動内容を紹介 転職活動の悩み

 

[char no=”1″ char=”コジロー”]転職活動がバレたら困りますよね?[/char]

 

いざ転職活動を決意しても、今の仕事をすぐに辞められるわけじゃないです。
もし転職活動をしているのが会社の人にバレたらどうなるか、考えるとこわいですよね。

 

ボクは前の会社に在籍しながら転職活動をしました。
もちろん、最後までバレることなく転職先を決めることができました。

 

この記事では、転職活動がバレたらどうなるかの考察と、
バレずに転職活動を行なった方法をお伝えします。

 

転職活動がバレたらどうなる?考えられる3つの想定

スポンサーリンク

転職活動ほど会社の人にバレたくないものってないですよね。
考えただけでも転職活動に手がつかなくなってしまいます。

実際に転職活動がバレたらどうなるか、一度考えてみましょう。

 

転職活動がバレたら、最悪クビになる?

一番恐れているのは、クビですよね。
もう明日から来なくていいよ。ってやつです。

 

いくら今の会社を辞めたいから転職活動を決意したとしても、明日から無職となるのは恐怖です。
いつ決まるか分からない転職活動を、なんの後ろ盾もない状態で行わなければいけないわけですよ。

 

ただし、実際にクビになるかどうかは怪しいですよね。
前提として、ボクたちには職業選択の自由があります。

 

会社としても、あなたに急に辞められても困るはずです。
なので、転職活動がバレたからといって、すぐにクビになる可能性は低いです。

 

転職活動ができなくなる?

クビにはならなくても、転職活動ができなくなるかもしれません。
上司からの目が厳しくなったり、脅されたり、今の仕事の待遇を良くしてくれたり。

 

もちろん、転職活動をしなくて良くなるなら儲けもんです。
でも、転職したいのに転職活動ができなくなるのは辛いし、余計に労力を使うことになって大変ですよね。

 

とはいえ、会社が転職活動を完全に止める権限は持っていません。
胸を張って転職活動をすれば良いです。

 

転職活動をしていることを知った上司がキレる?

一番直接的に恐れることは、転職活動を知った上司にキレられることじゃないでしょうか。

 

転職理由の一番の理由は人間関係です。
特に上司との人間関係に悩むひとはとても多いです。
ボクもそうでした。

 

ただでさえ上司との人間関係に悩んでいるのに、加えて転職活動を知られて切れられたらもっと関係は悪化します。
すぐに辞められない状態なら、辞めるまでの間ずっとビクビクしながら転職活動をしなければならないわけです。

 

しかし、そんな上司の元にいつまでもいてもあなたの人生の無駄です。
一刻も早く転職活動を終わらせて、その場所から去りましょう。

 

バレない転職活動は何を使ってどうやれば良いのか

スポンサーリンク

転職活動をバレないようにするには工夫が必要です。
何も考えずに真正面から転職活動を始めたら、会社や上司にバレる可能性が高いです。
なので、使えるものは使って賢い転職活動をしましょう。

 

バレないために転職エージェントを使って休みの日に集中して転職活動をする

転職活動って平日にしかできないイメージですが、実は休日にもできるんです。
ボクは休日に転職エージェントと面談することから転職活動をはじめました。

 

転職エージェントは転職支援サービスです。
転職したい人のためのサービスなので、休日も対応してくれます。
じゃないと平日に仕事している人が利用できませんからね・・・

 

バレない転職活動のコツとしては、平日は今までどおりに仕事をし、休日に集中して転職活動をすることです。
メリハリをつけることで、平日の仕事中にソワソワすることなくバレずに転職活動を進めることができますよ。

 

転職サイトで情報収集を中心にはじめる

転職活動はなにも面接することだけではありません。
自分にぴったりな転職先を探すことも重要な転職活動です。

 

まずは転職サイトで企業の情報収集することをはじめることで、着実な転職活動を行えます。
さらに、転職サイトを見るくらいなら会社や上司にバレることもないですよね。

 

でも、さすがに会社のパソコンでは見てはいけませんよ。
だいたいの会社は、社員が見ているページを把握することができますから、転職サイトを見るなら自分のスマホでやりましょう。

 

バレる覚悟は持つこと

いくら気をつけても転職活動がバレることはあります
自分で口走っちゃたり、信頼して話した人が広めちゃうかもしれません。
なにが起こるかは分かりませんから、いざという時のためにバレる覚悟は常に持っていてください。

 

もし、転職活動がバレたとしてもいいじゃないですか?
どうせ辞めようと思っていた会社なんですから、バレて転職活動を辞めるくらいならはじめからやらない方が良いです。

 

環境を変えることは楽ではありません。
なので、覚悟は常に持っておきましょう。

 

実際にバレずに転職活動を行なった流れ

ここまで色々と書いてきましたが、ボクが実際にバレずに転職活動を行なって、最後までバレなかった流れをお伝えします。
これから転職活動をはじめる人の参考にして頂ければうれしいです。

休日に転職エージェントで面談からスタート

ボクの転職活動は転職エージェントとの面談からスタートしました。
No1の転職エージェントのサイトから必要項目を入力したら、担当の方が連絡をくれます。
電話に面談の日程を調整して、約束の日に指定場所(転職エージェントの会社)へ訪問するだけです。

 

転職エージェントとは休日に面談をしたので、もちろん会社にバレることはありません。

 

面談では、いつもと違う場所で会社のことを話すことで客観的に見直すことができます。
ボクの場合、話しているうちにどんどん「なんでこんな会社にいるんだろう」と思いながら話していました・・・

 

日中の仕事中に面接に参加

自分で選んだ企業を転職エージェントに伝えて、面接の予定を組んでもらいます。
本当は休日に面接してもらいたいところですが、転職先の企業が土日休みだったら面接も平日にしかできません。

 

ボクは土日完全週休2日制の会社がよかったので、むしろ土日に面接可能な会社は断りました。

 

平日日中の面接に参加するには、会社を休むか、ボクのように営業職で外出することが不自然でない職種だとやりやすいですね。

普段社内でしか仕事をしていない人は、なんとか有給を使ったり、仮病を使うのもありです。
仮病は本当は避けたいですが、有給もロクに使えない会社にはそのくらい良いと思いますよ。

 

面接の合格率を高めるために

転職活動をバレないようにするためにも、面接の合格率は上げておきたいところですよね。
それは日中に外に出れる営業職でも同じです。
いくら外に出れると言っても、ヒヤヒヤしながら面接に行ってましたらね・・・

 

面接の合格率を上げるためには、転職エージェントが用意している面接力向上セミナーへ参加することが1番効果ありました。
もちろん、本やWebで勉強することも大切ですが、転職のプロに面接のイロハを教えてもらうことが非常に効率が良いです。

 

ボクは面接力向上セミナーを受けた次の面接がうまくいって、今のホワイト企業に転職成功できました。

 

まとめ

転職活動が今の会社にバレることは恐ろしいことです。
怒られるだけならまだしも、クビになったり、転職活動を制限されたり、めっちゃキレられるかもしれません。

 

なので、バレない転職活動をする必要があります。

 

まずは転職エージェントと土日に面談しましょう。
相談したら日程はある程度調整してくれます。

平日は、転職サイトで情報収集をしてください。
転職活動は情報戦です。

 

とはいえ、バレる可能性はもちろんあります。
いざというときのために、バレる覚悟は持っておきましょう。

 

ボクはバレる覚悟を持ちながら、休みの日に転職エージェントに行って面談して、転職サイトで情報収集をしながら、面接力向上セミナーで面接力を上げて、仕事をしながら面接に行きました。
ざっとこんな感じでバレずに転職を成功させることができました。

 

なんだかんだ、以外にバレないものです。
ボクの周りもたくさん転職活動をしてましたが、バレた人は1人も聞いたことがありません。
バレることを恐れずに、勇気を出してできることがまずは始めましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました