仕事が辛い?できない?仕事を楽しむために考えるべき1つのこと

仕事_辛いできない 営業職の仕事

こんにちは!コジローです。

 

あなたは今、仕事を楽しめていますか?

 

僕は結構、今の仕事を楽しんでいます。
本日は、仕事が辛い!仕事ができない!とお悩みの方に、仕事を楽しむコツをお伝えしていきます。

仕事が辛い理由は目的を見失っていることが原因

スポンサーリンク

僕は本業では営業マンとしてサラリーマンをしています。
「営業」というと、辛い、きつい、帰れない(営業魔の3K)というイメージがあります。
イメージだけではありません。実際に3Kも経験してきました。

 

ただ、1つだけ根本に考えを持っていると、少しだけ楽になります。
それは、「ファンを作る」ことに注力することです。

 

この考えに気づくだけで、仕事を楽しめることができるようになりました。
営業だけに限らず、事務職だろうが、技術職だろうが会社で働く人は全員、「ファンを作る」ことが仕事になります。

仕事で”ファンを作る”とはどういうことか

ファンを作るということは、会社の製品やサービスなどお客様に提供している価値を広げることです。
提供する価値を知って貰って、価値を好きになってもらう。
すると自分の売上だったり、モチベーションが上がり、より高パフォーマンスな仕事ができるようになります。

 

営業であれば売上を上げることが至上命題にはなります。
ところが、目先のお金に目が眩むとお客様にはそれが伝わります。
結果、一時は売上があがったとしても近い将来、遠い将来にはお客様は離れていきます。

 

今の会社を数年で辞めるなら、目先の売上だけあげても良いでしょう。
ただし、長年続ける意思があるならもっと大局をみるべきです。
お客様のことを、お金を払う人、と考えるだけではなく会社の、自分のファンになってもらう努力をしましょう。

 

仕事においてファン作りを怠るとお客様の反応どうなるのか?

僕の前職では、ファン作りを怠った方がすぐ近くにいました。
僕の元上司です。

 

元上司は営業としての実績は会社からも認められていました。
かなり数字も挙げていましたから。

 

ただ、一番近くで見ていた僕は尊敬することはありませんでした。
それは、ファン作りを怠り、目の前の数字ばかり追いかける仕事の仕方だったからです。

 

実際にお客様はどういう反応をしていたか。
箇条書きで書いてみますね。

  • 「なんか、違うんだよねー」
  • 「前の人はこうじゃなかったのになあ。」
  • 「結局はお金なんだね・・・」
  • 「言ってたこととちがうなあ。」

 

お客様も色々な方がいましたが、はっきり物事を口にする人は意外と少なかったです。
上記のように、「気持ちの漏れ」みたいな言葉を耳にすることが多かったです。

 

いずれの方もこうした反応をされたのは、「すでにお金を払った後」でした。

 

会社としては、売上が上がったのでまず損をしていることはありません。
では、お客様としてはどうでしょう?

 

高い買い物をして直後に、後悔しています。
完全に不信感を抱いています。
この時点で既に「ファンではなくなっています」

 

このお客様が数年後、リピーターになることがあるでしょうか?
おそらく無いでしょう。
将来に渡って、製品やサービスを買ってもらうことができるはずであったお客様が、1回だけ買って終わりです。

 

1回100万円だとして、数年に1度買い直すとしたら、数百万〜数千万円になったはずです。
ところが、ファンを作ることを怠ったがために100万円しか1つのお客様から得られません。

 

ファン作りを怠ると、将来的にかなりの損失となるのです。

 

仕事が辛いのは具体的にどんな時か

スポンサーリンク

ぼくの仕事が辛かったのは、「なんのために、いま、この仕事をしているのだろう?」に答えが見つからなかったときです。
上司から言われた使い所が分からない資料作り、挨拶するためだけの遠方への運転、ゴールの決まっていない会議など。

 

なぜ、いま、この仕事をしているのか?
この答えが分からない時は非常に辛いです。
特に、肉体的・精神的に負荷が多い仕事ならなおさらです。

 

やる意味ない。上はバカだ。こんなの仕事じゃない。と愚痴をいうだけではもったいないです。

 

この仕事は「ファンを作ることに必要だ」と思ったら、ある程度の仕事は頑張れます。
この仕事が僕のファンを増やすことに繋がる。これを終えたらあのお客様から信頼が得られる。
自分を信じ込ませることで、仕事に意味を見出して仕事の辛さを軽くしましょう。

 

仕事が”できない”と思ってしまうのはなぜか?

自分は仕事ができない、と悩んでしまう人は多いです。
特に、新入社員には本当に悩む人が多いです。
中にはアルバイトなどでの失敗がトラウマとなり、就活にも積極的になれない方もいます。

なぜ仕事ができないと思ってしまうのか?

それは、「自分の仕事が分かっていない」からです。
何を目指し、何を目的とすればいいのか分からない。
だから不安になり、積極的に仕事に向き合えなくなり、余計に仕事ができなくなってしまいます。

 

仕事における目的はたった1つです。
何度もお伝えして恐縮ですが、「ファンを作ること」です。
このことだけでも頭の片隅にいれておけば、少なくても目指すことや目的をイメージすることが可能です。

 

仕事ができないとどうなるのか想像したことがありますか?

仕事ができないのは、非常に悩むべきことです。
ぼくも未だに悩みます。

 

ただ、仕事ができないからといってどうなるのか?
特にどうもなりませんよね。

 

社会にはいろいろな人がいますが、基本的には優しい人が多いです。
仕事ができなかろうが、差別されることはあまりないです。
むしろ、愛されキャラになったりします。

 

特に新卒なんかは、仕事ができないことが当たり前です。
上司も当然、分かっています。
仕事ができないあなたを、仕事をできるようにするのが上司の仕事です。

 

あなたが仕事ができなかったら、それは上司が仕事ができないのです。
かなり極端なことも言ってますが、外れてはいませんよ。

 

それに、仕事ができないからと言ってクビになったり、生命に危機を感じることはないので、精一杯「ファンを作る」ことを目指してコツコツ頑張れば、仕事ができないという不安は和らいでいくでしょう。

 

まとめ

仕事が辛い、できないと悩んでしまう人が大勢います。
僕もその1人です。

 

仕事をする上で考えることは「ファンを作る」ことです。

 

仕事が辛いのは、「何のために仕事をしているか分からない」からです。
ファンを作ることを目的として第1に挙げておけば、それが判断基準となります。
無駄な仕事もするべきだ、というわけではなく、「ファンを作る」のに必要か考え、必要無ければやらなくても良い仕事です。
勇気を持って、断りましょう。

 

仕事ができないと思うのは、経験が浅く、仕事が何をすることか分からないからです。
経験が浅いことは恥ずべきことではありません。
これから経験を踏めば良いのです。
その足がかりとして、「ファンを作る」ことを頭で意識しましょう。

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました