転職では年齢が超重要なステータスとなる転職年齢別の見え方を知る

転職_年齢 転職活動

 

転職では年齢が超重要です。

 

あなたは転職を考える中で、年齢の重要性に気がついていますか?
まだ若いからと余裕でいると、いつの間にか転職が厳しい年齢になっている可能性もありますよ。

 

何も知らず25歳で転職をしたぼくは、かなりラッキーでした。
今回は転職のプロに教えてもらった、転職における年齢の重要性をお伝えします。

 

転職において年齢がどのように判断されるのか

スポンサーリンク

転職活動をするまで転職において年齢がどれだけ重要か全く分かっていなかったです。
でも、転職では年齢は必ず見られる重要なステータスでした。
年齢がどのように判断されるか書いてみます。

 

転職で必須の書類選考では年齢は必ず見られるポイントとなる

転職活動をする場合、書類選考は必須ですよね。
では、書類選考ではどこを見られるか知っていますか?

 

書類選考で見られるのは、前職の職種、給料、そして年齢です。

 

職種や給料は、企業側がどんな仕事を任せることができて、どのくらいの給料であれば満足できるか判断するので当然ですね。

 

では、年齢はなんのために見るのか。
若くてもベテランでも、それぞれに合った仕事や給料を払えれば良いだけじゃないですか。
しかし、年齢は必ず気にされるものです。

 

なぜなら、企業側も求めている人物像を描いているからです。

 

たとえば、社員の平均年齢が高くなってきて会社の将来を担う人を育てるために若手を求めたり。
業務を担当していた人が急に辞めてしまい、すぐにでも戦力になる人が欲しい場合があります。

 

企業側はどんな人が欲しいかを決めてから求人を出すので、応募してきた人がどんな人なのかまずは年齢で判断をするわけです。

 

20代は転職に強いから今の職場でくすぶっている暇はない

もしあなたが20代で転職を考えているなら、転職を考えるような職場でくすぶっている暇はありませんよ。

 

転職業界では、20代など若手の転職はかなり有利です。
企業が若手を求める時に気にするのは基本的に年齢のみだからです。

 

20代なら、前職の職種も、給料もあまり気にされません。
だって、大体同じような仕事をしていませんか?

 

営業なら営業、事務なら事務とだけわかれば良いわけです。
特別なスキルや経験は期待してないですからね。

 

若ければそれだけ転職業界では強みになりますよ。

 

30代は管理職の経験を求められるから向上思考で勝ち取る

スポンサーリンク

一方、30代になってからの転職は管理職などの人をまとめる経験が求められます。
なので、もっと自分をスキルアップしたい、新しい職場でチャレンジしたいといった向上思考がある人は転職しやすいです。

 

企業側の求める人物像とマッチしていますからね。

 

30代は、そう遠くない将来の会社を担う人を求めています。
なので20代での経験や持っているスキルが企業の考えと合致すれば、周りの同世代より高い水準での給料を得ることも可能です。

 

逆に、30代で人をまとめる経験などがないと転職することも難しく、なかなか今の会社を辞められなくなります。
今の会社で人をまとめる役割になれないのなら、今すぐ見切りをつけて早々に転職するのも手です。
40代にでもなったら逃げるに逃げられなくなりますからね。

 

転職をするのにおすすめの年齢は25〜28歳

ここまでで、20代が転職に有利であったことは分かったはずです。
20代は経験もスキルもなくても、ただ若いというだけでも価値があるからです。

 

さらに、年齢を重ねると人をまとめる経験などを問われるし、企業としてはそれなりの給料を払わなくてはいけないのでリスクも高くなります。

 

では、転職におすすめの年齢は何歳かというと、25〜28歳をおすすめします。

 

24歳までは、いくら若くても常識やビジネスマナーなどが身についていない可能性があり、敬遠されます。
22歳で大学を卒業して、すぐに働いていも2年という点でも、どうしても忍耐力がないとか、またすぐに辞めるでのはと考えられてしまいます。

 

29歳以上となると、ほぼ30代と見られてしまいます。
今29歳で入社しても、最初の1年は研修や座学が多くてあっという間に1年は経ってしまいますからね。
それに、同じ条件なら29歳より27,8歳をとっても変わらないので、28歳までをおすすめします。

 

転職における年齢まとめ

転職は25歳〜28歳までが一番おすすめです。
もちろん、それ以外の年齢でも可能ですが転職の有利さでいえば20代中盤となります。

 

若いことはそれだけで価値があります。
将来に希望を見いだせますからね。

 

30代はこれまでのスキルや経験が重要な判断基準となります。
もしアピールできるようなスキルや経験があれば、給料・年収アップを狙って転職することも可能です。

 

怖いのは、年齢を言い訳にしていつまでも動かないで今の会社に居続けてしまうことです。
辞めたいと思いながら何年も過ごし、やっと決心できたころには転職に不利な年齢になっている、なんて話はザラに聞きます。

 

あなたが転職に悩んでいるなら、今の年齢だけじゃなく、将来の年齢も考えて転職活動を開始してください。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました