転職してまたブラック企業だった時にすべきたった1つのこと

ブラック_ブラック 転職への不安

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

あなたは、ブラック企業を転職してまたブラック企業だったらどうしようと考えませんか?

 

ぼくはブラック企業で働いているのに、転職に踏み切れなかった理由がこれでした。
「またブラック企業だったらどうしよう」と思うと、転職するのが本当に怖かったです。
だから、転職してもまたブラック企業だった場合の対処法を考えてから転職しました。

 

本日は、ブラック企業から転職してまたブラック企業だった場合にするべきことについてお伝えします。

 

転職してまたブラック企業だったらまた転職すれば良い

まず、ブラック企業からようやく抜け出し、これから幸せを掴めると思った矢先、転職先がブラック企業だった場合にはまた転職を考えます。
あなたはもう、ブラック企業で働く無意味さを知っているからです。
やっとの思いでブラック企業から転職したのに、またブラック企業で働き続けても意味がありません。
さっさと転職するべきです。

 

すぐに転職したら履歴書に傷がつくと考えがちですが、気にしません。
履歴書のためにまた辛い毎日を過ごすのは時間の無駄です。

 

短期間で転職したらどうしても次の転職活動での面接で説明が必要になります。
でも、短期間で辞める理由をしっかり説明できれば問題ありません。
たとえば、聞いていた条件と違ったり、労働基準法を完全に違反していたり、パワハラを受けたことを伝えられれば良いのです。

 

短期間で再度転職した理由をしっかり説明できても、それを理由に不採用になるなら逆に採用されずによかったはずです。
おそらく、その会社も同じようなことをしてくるからです。
面接官が自分の会社に自信があれば、すぐに辞められる理由がないはずですから、すぐに転職されるとは考えません。
短期間で転職したことが、ブラック企業を見分けるのに役立ちます。

 

転職活動において、短期間で転職を繰り返したことだけが理由で不採用となることはありません。
それはあなたの一面だけですから。
面接では、もっと多角的にあなたのことを見られます。
短期間での転職を面接官に気にさせないくらいの熱意をもって面接に臨めば問題ありません。

 

転職回数に制限はありません。
自分と合う会社を見つけるまで、何度でも転職をすれば良いです。
どんな会社で、どんな仕事をして、将来どんな人間になりたいかが明確であれば自分に合う会社は必ず見つかります。

 

転職の失敗を無駄にしない

スポンサーリンク

ブラック企業から転職してもまたブラック企業であったら、転職に失敗したことにはなります。
でも、失敗を無駄にせず次の転職に活かせば、転職成功に一歩近づきます。

失敗は成功の元とはよく言ったものです。
転職の失敗は転職で返しましょう。

 

なぜブラック企業に入社してしまったのかを考える

まず、なぜ自分がブラック企業に入社してしまったかを考えます。
一度ならず二度までもブラック企業に入社してしまうということは、何か理由があるはずです。
理由さえ分かれば、改善して次の転職ではブラック企業に入社しないように対策をとることができます。

 

ちなみに、ぼくが最初にブラック企業に入ってしまった理由をあげてみます。

  • 業界調べを怠った
  • 会社調べを怠った
  • 仕事内容を想像できなかった
  • 内定が取れて安心してしまった
  • 見ていた会社数が少なかった
  • 世の中のことを知らなすぎた

 

一言でいえば、考えが足りなかった、ということになります。
いやはや、お恥ずかしい。

 

何も考えずに就職してしまった結果、ブラック企業という環境に入ってしまったわけです。
なので、またブラック企業から転職する時には、業界・会社をしっかり調べ、仕事に対して考え想像することでブラック企業を回避することができます。

 

転職の仕方を考え直す

ブラック企業に繰り返し入社してしまったら、転職の仕方を変える必要があります。
同じやり方で転職活動をしたら、また同じようにブラック企業に入社してしまう恐れがあります。

 

ハローワークで見つけた会社がブラック企業なら、転職サイトを使います。
転職サイトを使って失敗したなら、転職エージェントを使います。
転職エージェントで失敗したなら、別の転職エージェントを使います。

 

このように、失敗した転職活動とは別のやり方え転職活動をします。
ちなみに、ぼくがブラック企業からホワイト企業に転職した際に使った転職方法は、転職エージェントです。
【リクルートエージェント】フォーム用

希望する転職先を見直す

転職に夢を見ることはすごく良いことです。
実際に夢のような転職をすることもできます。

 

でも、現実を見ることも必要です。
少ない労働時間で高い給料をもらえる仕事なんて、そうそうありません。
あっても誰も辞めないですし、転職枠があっても競争率は非常に高くなります。

 

また、夢のような職場に見せるような常套文句もあります。
「残業なしで若くても高給料」
こんなことが書けるのは、ブラック企業くらいなものです。
募集メッセージなんかに騙されないように、ブラック企業を見分ける目はしっかり鍛えましょう。
まあ、普通にしてたら気がつくんですけど、焦って転職活動すると冷静な判断ができなくなりますから気をつけましょう。

 

未経験の仕事に転職するのも、ブラック企業に入社しやすいです。
これまでの経験を生かして企業を判断できませんからね。
また、未経験より経験者の方がやはり優遇はされます。当然ですね。

 

未経験者も歓迎という募集もありますが、現実問題むずかしいです。
新しいことに挑戦する気持ちは大切ですが、失敗しては元も子もありません。
次の転職活動では、経験のある仕事内容で転職先を見つけるように心がけましょう。

 

経験した仕事内容が嫌で転職したかもしれませんが、会社が変わればまた好きになる可能性もあります。
一度は興味があって選んだ仕事のはずですからね。
ぼくは同じ営業職で転職しましたが、天と地ほどの差があります。
大事なのは、職種よりも職場環境です。
別の職種を希望することを優先して失敗したなら、優先事項を職場環境に見直しましょう。

 

まとめ

ブラック企業から転職したのに、またブラック企業だったら。
考えただけでも恐ろしいですよね。
でも、いざという時のことを予め考えておけば絶望せずに対応できます。

 

まず、ブラック企業から転職してまたブラック企業だったら、また転職しましょう。
無駄に苦しんで辛い思いをして働き続けることほど、無意味ななことはないとあなたは知っているはずです。
過去の失敗を繰り返さないためにも、勇気をもって転職しましょう。

 

ただ、策もなしに転職してもまた同じことを繰り返してしまう可能性があります。
再転職においては、一度目の転職を無駄にしないためにも、次の3つのことに注意しましょう。

 

  • なぜブラック企業に入社してしまったのかを考える
  • 転職の仕方を考え直す
  • 希望する転職先を見直す

 

ブラック企業に繰り返し入社してしまう理由を考え、転職の仕方を変え、希望する転職先を見直せば同じように失敗することはなくなります。
もし、また転職に失敗してしまったら、また改善します。
転職に回数制限はありませんので、転職に成功するまで繰り返し改善をしましょう。

 

もちろん、何度も転職したいと思う人はまれです。
なので、次の転職で成功させるために真剣に考えてください。真剣に改善してください。
あなたの転職成功を応援しています。

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました