ホワイト企業に転職して分かったホワイト企業への入社の方法3選

ホワイト企業_入社方法 ホワイト企業に転職して

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

あなたは、ホワイト企業にいる人たちがどんな経緯をたどってホワイト企業に入社しているか知っていますか?

 

ぼくはブラック企業から転職して運良くホワイト企業に入社することができました。
でもブラック企業にいるときは、ホワイト企業はコネとか実力がないと入社できないと考えていました。

 

本日は、ホワイト企業にいる人たちが、どのようにしてホワイト企業に入社しているのか、実際にホワイト企業で働くぼくの目線で3つほどお伝えします。

 

ホワイト企業に転職して分かったホワイト企業への3つの入り方

ホワイト企業って入社するには、すごく大変なイメージがありますよね。
ブラック企業で働く人からしたら、ホワイト企業という存在自体も信じられないでしょう。
でも、実際にホワイト企業はあるし、特別になにか能力やコネがないと入社できないわけではありません。

 

ホワイト企業への入社方法①新卒で入社した会社がホワイト企業だった

まずは王道。
新卒で就職活動をする中で、ホワイト企業を見つけて入社できたケースです。

 

ホワイト企業といっても、別に隠れているわけではありません。
普通に新卒も募集しますので、新卒の就活が始まったら多くの企業と同様に募集をかけます。
しっかり企業研究などをした新卒は、ホワイト企業に入社することができるわけです。

 

ホワイト企業に入社できてしまえば、転職することも考えないでしょう。
もちろん、仕事面で悩みがないわけではないですが、会社に対して不信感や不満がない限り転職しません。
なので、現状のホワイト企業にいる人たちは新卒から入社してそのままずっといる、という人が多いです。

 

ホワイト企業への入社方法②入った会社がだんだんホワイト企業になった

ホワイト企業といっても、最初からホワイト企業であるとは限りません。
入社した時はブラック企業でも、長年勤め続ける中で会社が変化していってホワイト企業になるケースもあります。

 

ぼくはブラック企業にいるなら、すぐに転職を勧めます。
ブラック企業にいては、得るものより失うものの方が多いからです。
でも、ブラック企業に耐え続ける精神を持ち合わせている人たちの中には、気が付いたら会社がホワイト企業になっていることもあります。
ホワイト企業でも、昔から勤め続ける人たちの話しを聞くと、「昔は大変だった」と武勇伝を教えてもらうことがあります。
今はブラック企業では、将来的にはホワイト企業になる可能性もあるということです。

 

でも、ブラック企業が必ずしもホワイト企業になるかというと、そうではありません。
むしろ、ブラック企業がホワイト企業になるのなんて、ごく稀のケースです。
ブラック企業には、ブラック企業たる理由があるはずです。
ビジネスモデルや、経営者の考え、市場の動きなど変えようと思っても変えられないことばかりです。
もし、ブラック企業で耐え続けたらいつかは報われると信じている人は考えを改めるべきです。

 

ブラック企業は努力している人を救わないですし、ホワイト企業に変わろうともしていません。
たまたま、変わったらホワイト企業になった、という結果があるに過ぎないので過大な期待はやめましょう。

 

ホワイト企業への入社方法③転職を繰り返すうちにホワイト企業に巡り合った

スポンサーリンク

やはりホワイト企業に入社した方法として一番多いのが、転職を繰り返してホワイト企業にめぐりあったケースです。
ホワイト企業の中には、新卒を採用しない会社もあります。
新卒は取らないけど、中途採用は積極的に行うホワイト企業に巡り合うためには転職活動をするしかありません。

 

中途採用では、新卒採用のようにたくさんの人数を採用するわけではありません。
また、募集期間も設定していないので、タイミングが合わないと募集していることすら知ることができません。
ホワイト企業が募集をかけているかどうかは、転職活動をしている人にしか見つからないのです。

 

ホワイト企業に入社している人は、転職経験者が多いです。
それも、1回だけでなく、2〜3社目という人が圧倒的に多いです。
色々な会社を経験して、人それぞれ理由はありますが、積んだ経験を元に転職活動をしてホワイト企業に入社できています。

 

転職1回でホワイト企業に入社するのは、運の要素もあります。
ただ、2回、3回と繰り返すうちにホワイト企業に入社できる確率が上がっていくのは分かりますよね。
むしろ転職を繰り返して、すべてがブラック企業に入社してしまう方が難しいです。
転職を繰り返す中で、ブラック企業を見極める力や、カンなども鍛えられていきますからね。

 

今、2回目、3回目の転職をしてブラック企業にいる人もいるでしょう。
だからといって、諦めてはいけません。
次の転職で超絶ホワイト企業に入社できる可能性をあなたは持っています。
人生や自分に悲観する暇があれば、ホワイト企業を求めて動き続けましょう。
転職サイトを眺めるだけでも良いです。
ホワイト企業が見つかれば、見つけた1社だけでも受けてみれば良いですから。

 

ホワイト企業に入社できている人たちは諦めなかった人たちです。
何度も転職を繰り返して、ホワイト企業に巡り合った人たちが今、ホワイト企業に務めることができています。

 

まとめ

ぼくはブラック企業からホワイト企業に転職しました。
実際にホワイト企業の中から見て、ホワイト企業に入社した方法を3つお伝えしました。

 

  • ホワイト企業への入社方法①新卒で入社した会社がホワイト企業だった
  • ホワイト企業への入社方法②入った会社がだんだんホワイト企業になった
  • ホワイト企業への入社方法③転職を繰り返すうちにホワイト企業に巡り合った

 

新卒でホワイト企業に入社できた人や、勤めていた会社がホワイト企業になっていった人もいます。
でも、新卒でもなくて、今勤めている会社がブラック企業だったら期待しすぎるのはよくないです。
だれも未来のことは断言できませんから。
ブラック企業がホワイト企業に変わることは、非常に稀なケースなので耐え続けるのはオススメしません。

 

ブラック企業で耐え続ける労力・心力・時間があるなら、すぐに転職すべきです。
ホワイト企業で働いている人たちは、転職を繰り返して入社している人が多いです。
同じ会社に勤め続けることを良しとする時代はとっくに終わっています。
むしろ、転職を繰り返して、どこの企業でも使えるような経験を積んでいくことで最終的にホワイト企業に行き着くことができます。

 

今いる1社だけで辛い思いをし続けるなら、10年後の自分のためにも転職を繰り返してホワイト企業を目指す方が、将来の自分のためになるのではないでしょうか。

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました