夏休み9連休の大型連休も取れないとかその会社ブラックじゃない?

大型連休_ブラック ホワイト企業に転職して

こんにちは、コジローです。

 

みなさんは夏休み、どのくらい取れますか?

 

ぼくは9連休です。
土日月火水木金土日の9日間ですね。

 

多いですかね。
けど、ぼくの会社の人はみんなこれくらい休みます。
もちろん、夏休みだけではなくて、ゴールデンウィークやシルバーウィーク、ちょっとした連休に有給をつなげて大型連休に自分からすることもあります。

 

友人や知り合いにこの話しをすると、羨ましがられたり、驚かれたり、ウザがられたり(笑)、色々な反応をもらいます。
なので、今日は連休とれることってそんなに特別なことじゃないよ、ということをお伝えします。

有給が取れない?「誰も取っていないから」は取れない理由にならない

スポンサーリンク

 

「有給が取れない」と嘆く友人に話をきくと、「誰もとっていないから」と答えていました。

 

周りの人に合わせて行動することに意味ってありますか?

 

会社で働く以上、多少の同調や協力は必要ですが、法律で定められた権利を使うのに遠慮する必要はありません。
有給の取得に関しては、しっかり労働基準法第39条に定められています。

 

法律に「誰か取らないと有給を取れない」と書いてありますか?
書いてあるわけがありません。

 

もちろん、繁忙期などの関係で会社から時期変更を依頼されることはありますが、「取れない」という状況はありえません。
もし会社として有給取得を禁止しているとしたら、法律違反となり得ます。

 

そんな会社の言うことを聞いている暇があったら、別の仕事を探した方があなたのため、社会のためです。

 世の中には大型連休を取れる人がたくさんいる

スポンサーリンク

 

驚くことなかれ。
世の中にはふつうに大型連休をとる人がたくさんいます。

 

ぼくもブラック企業で働いている時は、「有給なにそれ?おいしいの?」状態でした。
新卒で入った会社だったので、有給が取れないことは当たり前だと本気で思っていたんです。

 

ところが、転職してホワイト企業に勤めだしたら周りはふつうに有給とるわ、大型連休に近い日付でお客さんにメールを出すと、「〇/〇~〇/〇の期間は休暇を頂いております。出社は◯日の予定です。お急ぎの方は会社代表までご連絡ください。」という自動返信が返ってきます。

 

あー、この人も休み、この人も休みと大型連休を取っている人がたくさんいるいることが目に見えて分かります。

夏休みが取りたいなら夏休みが取れる業界で働くべき

もし、夏休みがたくさん欲しい、と言うなら夏休みが取れる業種で働くべきです。

 

今、働いている会社はあくまで自分が選んだはずです。
だれも「お前は今日からここで働け」なんて言われて働いていないはずです。

 

就職活動・転職活動などを経て自分で選んだ業界の会社です。

 

 

いくら法律で有給取得が認められているからといって、イベント業界、サービス業界などみんなが休みの日にこそ売り上げを伸ばそうとしている業界で働けば夏休みが取れるはずがないですよね。

 

そんなことは会社に入る前に分かっていたはずです。
それなのに、「夏休みがない」「夏休みの時期に有給が取れない」というのはさすがに救えません。

 

夏休みは諦めて、代わりの日程で長期休暇を取れるように調整して、そこで楽しみましょう。

まとめ

ぼくは今年の夏休みは9連休あります。

 

周りの話しを聞くと、どうやら多い方のようです。
けど、会社で定める夏期休暇3日と有給2日だけで9連休になるんですよね。

 

会社が有給を取らせないのは違法ですし、繁忙期など時期の問題があれば時期さえズラせば9連休も可能です。
世の中、みんな有給が取れないと思ったら大間違いで、本当に長期休暇を取っている人は多いです。
こればかりは、実際に取引先やお客さんの予定を聞くしかないですが、ぼくの周りは当たり前のように休んでます。

 

ただ、業界によっては夏休みなどシーズンによって売り上げや、力の入れどころだったり事情はあります。
どうしても世の中の人と同じタイミングで、大型連休を取りたければ、大型連休がとれる業界で働くしかありません。
夏休みのような大型連休が取れるか、取れないかは業界によってほぼほぼ予想ができます。

 

みんなで楽しい夏休みを過ごしましょう。

 

 

以上です。それでは、また。

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました