ブラック企業の経験が転職で有利になる3つのポイント【経験談】

ブラック企業_有利 転職活動

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

あなたは、ブラック企業で働いていることが転職で不利になると思っていませんか?

 

ぼくはブラック企業からホワイト企業に転職しましたが、ブラック企業での経験が不利になることは感じませんでした。
むしろ、有利になったと感じるポイントがありました。

 

本日は、ブラッック企業での経験が転職に有利になるポイントについてお伝えします。

 

ブラック企業の経験が転職に有利になる3つのポイント

ブラック企業で働いていると、転職するのも早く一般的には転職に不利になると考えられます。
でも、ブラック企業の経験が転職に有利に働くこともあります。

 

ポイント①ブラック企業では残業に耐え続けてきた

ブラック企業の代名詞となる、サービス残業です。
ブラック企業を経験してきた人は、みんな過剰なサービス残業を経験してきているでしょう。
苦しい残業に耐え続けてきたことが、転職では有利に働くことがあります。

 

残業を経験したことがない人が、いきなり残業を命じられたらどうでしょう。
辛いと感じて、すぐに辞めてしまうかもしれません。
入社した人がすぐに辞めてしまうのは、会社として痛手となるので、すぐに辞めないような人を選びますよね。

 

ブラック企業で過剰な残業を経験していたら、多少の残業があっても特になにも感じません。
残業することが当たり前になっている人にとって、残業がないことは想定されていません。
実際にぼくも転職するときに、「次の会社では21時に会社出れれば良いなー」なんて思ってました。

 

辛い思いをして残業に耐え続けてきたあなたは、次の会社からしたら「残業があっても頑張れる人」という有利を手に入れられたわけです。
もちろん、サービス残業が当たり前になっている会社なんか選んではいけませんが、どこの会社でも多少の残業はあるものです。
他の人より、良い意味で残業に慣れているということが強みになっています。

 

ポイント②ブラック企業でのストレスに耐えてきた

ストレス社会と言われる現代では、ストレス耐性も求められています。
ブラック企業を経験してきたあなたは、他のひとに比べてストレス耐性が身についているはずです。

 

ブラック企業では、上司や先輩、会社でのルールなど様々なものからストレスを浴びて仕事をしてきました。
ストレスにも人は慣れるもので、ある程度のストレスであればあまりダメージを負わずにいられるようになります。
中途採用を行う企業からしても、ストレスに弱い人よりはストレスに強い人に入社してほしいです。

 

ストレスのない会社はありません。
人が集まればそれだけ色々な人もいます。
会社という組織の中には、自分と相性が合わない人もいるでしょう。
相性が合わない人と仕事をすることになっても、上手に仕事を進めたり、ストレスを溜めすぎてしまわない人こそ会社という組織から必要とされる人です。

 

ストレスに弱い人は、ちょっとしたことでも会社を休んだり、辞めてしまったりします。
もちろん、耐えきれない時はすぐに逃げ出すべきです。
でも、仕事をするうえでは避けられないストレスもあります。
すべてが丸く収まるわけじゃないですからね。

 

ブラック企業のような特殊な環境に日々、ストレスに耐えてきて人にはストレス耐性がついているはずです。
企業からしたら、ストレス耐性があるかわからない人よりは、ブラック企業で辛い思いを経験してきた人の方がストレス耐性があると考えやすいです。
ブラック企業での経験が知らないうちに、現在のストレス社会を生きる力を身につけているのです。

 

ポイント③ブラック企業で「悔しい」と感じて行動したことがある人は行動力がある

スポンサーリンク

 

根性論は大嫌いですが、「悔しい」と感じて行動したことがある人には行動力があります。
ブラック企業では辛い思いをしてきた人が多いですが、みんな一度は「悔しい」と感じたことがあるはずです。
悔しいと感じた時、すごく行動力あった経験がありませんか?

 

行動力を身につけることは難しいです。
生まれ持った性格や育った環境、考え方に左右されるからです。
でも、ブラック企業で働いてきたひとは、お客さんからの理不尽な要求や、上司命令、無駄な残業など対して「悔しい」と感じて行動してきました。

 

悔しさで行動する時に、いつもの自分とは比べ物にならない行動力を出すことができます。
苦手なお客さん相手にだったり、嫌いな上司相手にだったり、溜まっている事務処理に対してもです。
その行動力を知っているからどうかが、仕事をするうえでも必要です。

 

常に100%の力を出し続けていたらバテてしまいます。
でも、いざという時に行動力がある人間の方が会社としてはありがたいはずです。
ずっとホワイト企業のような会社にいると「悔しい」と感じて仕事をすることがなかったかもしれません。
でもあなたは、ブラック企業を経験したことによって「悔しい」と感じた時の行動力を持っているはずです。
行動力だけでなく、苦労をしてきたからこそ得られたことがたくさんあります。
自分が持っている力に、1つでも気づいてあげることも必要です。

 

まとめ

ブラック企業で働いていたことが、転職で不利になると考える人もいます。
実は、反対にブラック企業で働いていたことが転職に有利になることがあります。

 

ぼくは実際にブラック企業からホワイト企業に転職成功しました。
転職活動の際に、気がついたブラック企業の経験が転職で有利になったポイントを3つあげました。

 

  • ポイント①ブラック企業では残業に耐え続けてきた
  • ポイント②ブラック企業でのストレスに耐えてきた
  • ポイント③ブラック企業で「悔しい」と感じて行動したことがある人は行動力がある

 

ブラック企業では多くの辛い思いをしてきたはずです。
でも、その中でも自分の力にできたことが実はたくさんあります。
1つ1つは小さいことでも、組み合わせたり、同時に持っていることであなたの力を大きくすることもできはずです。

 

転職活動では、ブラック企業で働いていたことを決してマイナスに捉えるのではなく、上手に表現して自分の力として見せることが必要です。
まずは、ブラック企業での経験で自分が何を得たのかを棚卸ししてみると良いです。
そうすれば、転職活動でブラック企業の経験を生かして転職成功に近づけるはずです。

 

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました