転職エージェントを使って1ヶ月後に転職成功できた3つの理由【体験談と感想】

転職エージェント_1ヶ月 転職エージェント

スポンサーリンク

 

あなたは、転職エージェントを使ってどのくらいの期間で転職できると思いますか?

 

昨今、転職する人は格段に多くなっていて、もはや誰しもが経験するできごとになっています。
さらに、転職する方法として転職エージェントを利用することが一般的です。

 

 

しかし、転職エージェントを初めて利用するには不安がありますよね。

  • 転職エージェントが何をしてくれるか分からない。
  • 転職エージェントを利用して困ることはないのか。
  • 本当に転職エージェントは信用できるのか。
  • 転職エージェントを利用したら、転職を成功させることができるのか。
  • どのくらいの期間で転職することができるのか。
  • 転職エージェントが自分の希望どおりの転職先を必ず見つけてくれるのか。
  • どの転職エージェントを使ったら間違いないのか。

 

ぼくも仕事で悩んで転職を考える毎日でしたが、実際に動くことができませんでした。
何をどうしたら良いか、分からなかったからです。

 

それでも、ぼくは転職エージェントを利用することによって、転職に成功できました。

 

労働時間は半分に、時給換算の給料は約2倍ほどになりました。
その他にも、想像以上に満足した結果を得ることができています。

 

この記事を最後まで読んだら、転職エージェントを使うメリットやデメリット、転職エージェントを利用したことによるお得なこと、利用しないことによるデメリットなどを知って頂けます。
さらに、ぼくが実際に利用して転職成功した転職エージェントも特別にご紹介します。

 

これから転職を少しでも考えている人に、参考にして頂ければと思います。

 

転職エージェントを使って転職成功できた3つの理由

スポンサーリンク

理由①転職エージェントを使うことで半強制の状況が作れる

転職エージェントを使うと、対面でエージェントの方と会うので、良い意味で行動に強制力が生まれます。
転職エージェントはサイトから登録すると、あなたの携帯に電話がかかってきます。
ぼくの場合、前日の夜中23時ころに登録したら次の日の夕方ころには電話がかかってきました。

 

電話では基本的に、会って話す日程を調整します。
その後、対面して転職について相談したのもつかの間、1ヶ月後には転職先が決まっていました。

 

エージェントの方から転職の進め方のアドバイスをもらって、それに従ううちに転職できてしまいました。
実際ボクは何か能動的に動いた記憶はありません。

 

理由②自分の力だけでは転職できない

人間なんて弱いもので、現状から大きく環境が変化することを恐れます。
未知の世界が怖いのです。
ぼくも転職するまでの2年9ヶ月くらいは、毎日「辞めたい辞めたい辞めたい」と心の中で繰り返していました。

 

それでも辞めないもんです。
誰かに背中を押されないと行動できないタイプでした。

 

しかも、「そんな会社、辞めなよ」「まだ若いからどこでも行けるよ」なんて曖昧な言葉は信じられませんでした。
転職して今以上につらいかもしれない、どこも同じようなもんでマシな方かもしれない、なんて考えていました。

 

ぼくのような、自分の力だけで転職の行動が取れない人は多少強制された方が安心して動けます。

 

理由③初めての転職で悩みなく行動できるはずがない

転職経験がある人ならともかく、初めて転職する人は世の中に溢れる情報に追いつけず、結局行動できません。
自分1人で転職しようとすると、エントリーの仕方、面接のコツ、スケジュール調整の方法など様々なことを学ばなければいけません。

 

ただでさえ、仕事が忙しいのに転職のこともやろうと思うと時間が足りなくなります。
すると、転職にやる気が出なくなり、結局あきらめてしまいます。

 

転職のプロにすべてお任せして、教えてもらう、動き方も指南してもらうことで行動に迷いがなくなり無駄な時間を使わなくて済みます。
面倒な企業とのやり取りなどもエージェントがやってくれますからね。

 

転職エージェントは実際に何をしてくれたのか?

転職エージェント_手助け

ぼくは転職するなら転職エージェントをおすすめしますが、実際に何をしてくれるのか。
転職エージェントがやってくれることを、転職エージェントとの面談、面談後、面接から内定までに分けてご紹介します。

 

転職エージェントとの面談時

転職エージェントとの面談では、大きく2つのことを行います。
転職に関しての相談と、求人の紹介を受けます。

 

転職に関する相談では、現職での悩み、転職してどうなりたいか、どんな仕事・企業が良いかといった内容はもちろん聞いてもらえます。
さらに、本当に転職すべきなのか、実際に転職するとしたらすぐできそうか・厳しそうか、といった本音も教えてくれます。

実際に、ぼくは経歴やタイミングもよく、「すぐに転職できそうですよ」と言われ本当に1ヶ月ほどで転職することができました。

 

さらに転職エージェントとの面接時には求人の紹介も受けられます。
事前に自分の希望などを伝えておけば、条件に見合う企業を紹介してもらえます。
ただし、希望や条件が厳しい場合、紹介してもらえる企業がかなり少なくなります。

それは転職エージェントのチカラが足りないのではなく、求人を出している企業の中にあたなの条件に合致しない場合が多いです。

あまり厳しい条件を初めに出してしまうと、転職エージェントも紹介できず困ってしまいます。
希望条件に優先順位を付けて、伝えましょう。

 

転職エージェントとの面談後

転職エージェントとの面談が終わったら、転職活動の準備が始まります。
転職エージェンからのサポートとしては、主に、職務経歴書の添削面接への対策です。

 

転職活動を始めるにあたって、まずは職務経歴書を準備しなければいけません。
いくら転職エージェントでも、職務経歴書は代わりに作れませんからね。
でも安心してください。
代わりには作れなくても、しっかり添削してくれるので、間違った職務経歴書を作ってしまうことはありません。

 

面接への対策は、転職エージェントを利用する大きなメリットになります。
各転職エージェントは、さまざまな面接対策を用意してくれています。
特にぼくが利用した転職エージェントは、「面接対策セミナー」を用意してくれていて、面接を受かるためのコツや考え方を学ぶことができます。

企業との面接を始める前には、必ず受けるべきは面接対策です。

 

面接から内定まで

転職の準備が整ったら、転職活動が本格的にはじまります。
転職エージェントは、あなたの希望に応じた求人へ代わりに応募してくれます。
書類試験を通過できたら、企業との面接をセッティング(日程調整など)してくれたり、給与交渉まで行ってくれます。

 

入社試験は基本的に、書類審査から始まります。
書類審査はあなたが希望した企業へどんどん応募をする形になります。
数が多くなるので、すべて自分で行っていたら時間ばかり取られてしまいます。
でも、めんどくさい応募作業を転職エージェントが代わりに行ってくれるので、企業調べなど自分にしかできないことに時間を使うことができます。

 

書類審査が通ったら、面接の日程を調整する必要があります。
面接は当然ながら、相手企業とあなたの日程が合致しないといけませんよね。
日程調整のやりとりもすべて、転職エージェントが行ってくれます。

日程調整は相手にすごく気を使うものですよね。
自分でやると、どうしても外せない予定などと日程が重なっても言いづらいので、代わりにやってもらえるなら楽ですよね。

 

内定がもらったとしても、給与が希望よりも少ないかもしれません。
給与交渉は行うべきですが、内定取り消しなどを考えると、なかなか言い出せないですよね。
しかし、転職エージェントに相談すれば、給与交渉を代わりに行ってくれます。

自分でいうよりは角も立たないし、転職エージェントはプロなのでうまく伝えてくれます。

 

転職エージェントを利用する時に気をつけること

転職エージェント_注意すること

転職エージェントは非常に便利なサービスです。
転職する人のほとんどが利用するほどです。

しかし、転職エージェントを利用すれば勝手に転職先が決まるものではありません。
最終的には、あなたが転職するかどうかを判断し、転職先を決める必要があります。

 

転職エージェントが無料で使えるのは、あなたが転職することで転職先の企業から転職エージェントにお金が入るからです。
あくまでもビジネスとして存在しています。
なので、あなたを転職させるためにサービスを用意しています。

 

転職エージェントの中には、無理やり転職をさせてお金を得ようとするものもあります。
だから、転職すべきかどうかをあなた自信が判断をする必要があります。
そして、転職先の判断も転職エージェントの話しをすべて鵜呑みにするのではなく、あなたが決める必要があります。

 

受け身の姿勢では転職を成功させることはできません。
あなた自信も転職に対して、真剣に取り組みましょう。

そうすれば、転職エージェントも本気であなたをサポートしてくれます。

 

転職エージェントは本当に信用できるのか

転職エージェント_信用できるか

転職エージェントの中には、あなたを無理やり転職させようとするものもあります。
でも、転職エージェントは信用して利用できます。

 

なぜなら、転職エージェントはあなたが転職してすぐに辞めてしまったら、お金にもならないし、サービスの評判を落とすことになるからです。

 

一例として、転職エージェントはあなたが転職成功したら、あなたの1年分の年収を企業から受け取れます。
しかし、あなたが転職して1ヶ月で退職したら、転職エージェントはお金を受けとることができません。

当然ですよね。
良い人材を企業に紹介するのが仕事なのに、すぐ辞めてしまったら求人を出した企業が損します。
そんな転職エージェントが長く事業を続けることなんてできませんよね。

 

もし、1度でも転職エージェントから紹介された人が、すぐ辞めたりしたら、企業はまた同じ転職エージェントに求人をお願いしますか?
絶対にしませんよね。
だって、また同じことを繰り返す可能性がありますから。

 

逆に、あなたが紹介されて入社した企業が、伝えていた条件と全く違ったらどうしますか?
すぐに転職しますよね。
そして、2度目の転職には、1度目で利用した転職エージェントは使いませんね。

 

転職エージェントもビジネスです。
長く事業を続けるためにも、しっかりとしたサービスを提供しなければいけません。
だから、信用されるサービスを提供して、実績を積むためにあなたの転職を全力でサポートしてくれるわけです。

 

転職エージェントを使えば、必ず転職を成功させられるかを考える

転職エージェント_成功できる

転職エージェントは転職を成功させるための必須のサービスです。
しかし、転職エージェントを利用しても必ず転職を成功させられるわけではありません。

 

なぜなら、転職活動はあなたが行うものだし、あなたが転職先を選びます。
そして、面接を受けるのもあなただからです。

 

あなたのやる気がなかったり、転職活動の行動を起こせなければ転職を成功させることなんてできませんよね。
転職エージェントはあくまでサポートです。
あなたの代わりに転職活動をしてくれるものではありません。

 

転職エージェントを利用して、転職成功できなかった人で、すべて転職エージェントのせいにする人がいます。

  • 転職エージェントの担当が悪かった
  • 全然紹介してくれなかった
  • 言うとおりに面接しても落ちた

 

転職エージェントの文句を言う人には、自分のことを棚に上げている人が多いです。
自分にやる気がないことや、そもそも行動できないことを転職エージェントに責任転嫁しています。

もちろん、中には本当に転職エージェントとの対応が悪い場合もありますが、まず転職における責任は自分にあることを認識しておきましょう。

 

転職エージェントを「利用する」と理解して、上手に使いこなせばあなたの転職成功の役に立つサービスです。

 

どのくらいの期間で転職することができたのか実例を紹介

転職エージェント_転職期間

転職したくてもできない、という理由の1つに「どれくらい転職活動をすれば転職できるか」と悩む人は多いです。
ぼくもその1人でした。
転職活動に半年も1年も時間はかけられないし、目安を知りたいですよね。

 

もちろん人によってバラバラなのは承知ですが、ぼくの例をご紹介します。
ぼくの場合は、転職エージェントに登録してから37日間でした。
だいたい1ヶ月ですね。

 

スケジュールとしては次の流れです。

  • 1日目:転職エージェントに登録
  • 2日目:電話がかかってきて面談の日程調整
  • 数日後の休日:転職エージェントと面談実施
  • 開始から2週間後:初面接で対策不足を感じる
  • 開始から3週間後:面接対策セミナー参加
  • セミナー参加の数日後:面接
  • 4週目:2次面接実施
  • 37日目:内定

 

面接で対策不足を感じてから、「面接対策セミナー」に参加したので一歩遅れました。
もし、1回目の面接の前にセミナーを受けていたら、1社目も内定をもらえていたと思います。

事実、面接対策セミナー後の2社目では無事内定をもらうことができました。
転職エージェントに登録してから、内定まで37日間でした。

 

おそらく、早い方だとは思いますが、1社目で内定をもらえる人がいるのも事実です。
どちらにせよ、待っていても時間だけが過ぎていくだけです。

 

転職エージェントは自分の希望どおりの仕事を見つけてくれるのか

転職エージェントは、あたなの希望を元に求人を出している企業を探します。
しかし、あなたの希望を100%叶えてくれるわけではありません。

 

仮に、残業0で、楽な仕事で、年収1,000万が欲しいと希望した時。
そんな会社があると思いますか?

もしあったら、転職エージェントが転職していると思います。

 

極端な例でしたが、自分の希望する仕事は現実的なものでなければいけません。
無茶な希望は、自分の転職先を狭めてしまうだけなので控えめにするのが自分のためです。

 

どの転職エージェントを使えば損をしないか

転職エージェント_損をしない

転職エージェントといっても、たくさんのサービスがあります。
その数、実に50以上もの転職エージェントがあります。

もちろん、すべての転職エージェントが頼れるかというとそうではありません。
企業規模や、実績、対象としている転職者も違うので自分にあった転職エージェントを利用する必要があります。

 

あなたがもし、一般転職(医師・看護師、弁護士などの転職ではない)で仕事・企業をさがすのであれば、次の3つから選ぶと良いです。

  1. リクルートエージェント※ぼくがブラック企業からホワイト企業に転職成功のきっかけとなった転職エージェント
  2. 転職ならDODAエージェントサービス
  3. マイナビエージェント

 

共通点は、いずれも転職エージェント業界の中でTOP3で活躍しているので、実績が多いです。
実績が多いということは、それだけ企業からも信頼されて、求人も出されやすいので求人数が集まります。

求人数が多ければ多いほど、あなたの選択肢が広がります。

 

広がりすぎた転職先の選択肢は、転職エージェントが絞ってくれます。
あなたは、多くの求人から厳選されたものをよく見て、働きたいと思った企業に応募するだけで今の仕事や会社に対する悩みをなくすことができるかもしれませんね。

 

まとめ

あなたが転職を考えているなら、転職エージェントを利用するべきです
それだけ、メリットが大きいサービスです。

転職エージェントを利用しなくても転職活動はできますが、時間・精神面・ノウハウ・めんどくさいこと、を解決してくれる転職エージェントを利用しないとあなたが損をするだけです。
ぼくがまた転職をするとしても、必ず利用しますね。

 

転職のコツを1つだけお伝えすると、1日でも早く転職エージェントに登録して面談することです。
求人ってようは、早いもの勝ち、なんですよね。

 

もちろん自分に紹介される前に誰かに取られたら、その求人を知ることすらないのですが。
あと1日早ければ、超優良な求人に出会えたかもしれない。
そんなもったいないこと、したくないですよね。

 

早く求人を見始めれば、それだけ多くの求人を見続けることができますからね。
コツは、1日でも早く、です。

 

オススメの転職エージェント3社はこちらです。
2社に登録しておけば、1社と相性が悪くても安心ですね。

  1. リクルートエージェント
  2. 転職ならDODAエージェントサービス
  3. マイナビエージェント

 

以上。それでは、また。

 

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました