ブラックからホワイトへの転職で年収が減っても幸福度は300%増加

転職_幸福度300%増 ホワイト企業に転職して

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

あなたは、転職して年収が減ることを怖がっていませんか?

 

ブラック企業で働いていたときは、毎日ずっと仕事漬けでしたが給料はそこそこありました。
とはいっても、特別多いわけではなくあくまで周りと比べたら、という程度ですが。
時給換算したら高校生のバイトより低い給料でしたけどね。

 

本日は、ブラック企業から転職したいと思っても、年収が減ることが気になる人に、年収が減っても幸福度は300%増しになったことをお伝えします。

 

いくら年収が高くてもブラック企業で働いていたら幸せになれない

あなたは年収に満足していますか?
満足はしていなくても、年収を下げることは怖いですよね。
人間、一度味わった生活水準は下げられないって言いますからね。

 

でも、どんなに年収が高くてもブラック企業で働いている限り幸せにはなれませんよ。

 

ブラック企業で働いている限り、時間を奪われます。
時間がなければどんなにお金をもらっていても、使う時間もなければ、買ったものを堪能する時間もないですから。
医者が良い例ですよね。
地位も学も、お金もたくさんありますが、忙しすぎてお金を使う時間もないと聞きます。

 

医者ほどお金があればまた別かもしれませんが、いち企業のブラック企業で働いてもらえる給料ではまず幸せになるなんて無理ですよね。
ぼくはブラック企業で3年ほど働いていましたが、幸せになる未来は想像できませんでした。
さらに、職場にいる40代・50代の社員たちもまったく幸せになっている人はいませんでした。
むしろ、仕事が忙しすぎることが原因で家庭崩壊になっている人もいましたね。

 

転職して年収は減ったけど幸福度は増加した理由

スポンサーリンク

ぼくは、転職して年収は減りました。
減ったとはいっても、残業がなくなったので残業代分が減ったという意味です。
残業しなければ残業代がもらえないのは当たり前なので、まったく問題ないです。

 

今まで使えていたお金がなくなるのはちょっと辛いかなと考えていましたが、そんなことはありませんでした。
なぜなら、ブラック企業で働いていた時は毎日ストレスでどうにかなりそうでしたから。
そのストレスがなくなったいまは、毎日が幸せで幸福度は300%増しです。本当に。

 

自分の自由に使える時間がかなり増えたことが幸福度が増した理由になります。
ブラック企業で働いていた時は、とにかく時間が欲しかったです。
毎日、朝起きてから夜寝るまで自分の時間が限りなく0でしたから。
生活に最低限のことをしていたら、自分の時間なんてなくなっていました。

 

いまでは、定時で退社してから寝るまでの18:30〜24:30くらいまでの間はすべて自分の時間です。
約6時間くらいありますからね。
もう、なんでもできますよ。

 

なんでもは言い過ぎました。
でも、本を読んだり、テレビを見たり、ゲームしたり、趣味のことをしたりと大抵のことはできます。
あなたは仕事が終わってから寝るまでどのくらいの時間がありますか?
自分の時間を作ることができれば、あなたの幸福度も300%増加するかもしれませんよ。

 

まとめ

ブラック企業からホワイト企業に転職したら年収が下がりました。
でも、ブラック企業で働いていた時に比べると幸福度は300%増しです。
いや、もっとかもしれません。計測不能なので、数字では表せませんが。

 

年収が下がったのは、単にホワイト企業なので残業がほぼないからです。
残業代としてもらっていた分がそのままなくなった、という感じです。
なので、お金に関しては問題ありません。

 

年収は下がっても幸福度が増した理由としては、自分の時間ができたからです。
毎日6時間ほどは自分の時間として使うことができます。
これも転職して、ホワイト企業に務めることができたからに他なりません。

 

ブラック企業で働いていて、辞めたいけど年収が下がることを恐れているひとはお金より大事なものを失う前に転職活動をしてみてはいかがでしょうか。
転職活動をするだけならタダですからね。

 

以上!それでは、また。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました