転職したら年収は上がるのか下がるのか?25歳で転職した実体験とは

転職_年収 転職で成功した方法

 

転職しようにも、年収が下がるのは困る
でも、このままブラック企業で働き続けるにも限界が・・・

 

ただでさえ年収が低いのに、転職してさらに年収が下がったら困りますよね。
生活水準を落としたり、毎月の食費や洋服代を抑えたり、趣味を諦める必要もでてきます。

 

では、実際に25歳で転職したぼくが転職した前後の年収と、年収の考え方についてお伝えします。

 

25歳での転職は年収にどう影響されたか

スポンサーリンク

ぼくが25歳のときの年収は、サラリーマンの平均と言われる400万円を超えていました。
おおよそ450万円くらい。

 

新卒でスキルも経験もない状態を考えると、結構もらっていました。
周りと比べても、やや高い給料水準でした。

 

では、転職したら年収はどうなったか。
400万円を少し超えるくらいになりました。

 

450万円から400万円なので、年収で50万円のマイナスです。

 

この50万円をあなたはどう考えますか?

 

年収を1円でも下げたくないなら転職をしないで現状維持

あなたが年収を1円でも下げたくないなら、転職はしない方が良いです。

 

転職して年収が下がる可能性は誰にでもあります。
スキルや経験があっても、年収が下がることはあるし、最初の1年は〇〇円と決められることも十分あり得ます。

 

ヘッドハンティングや特殊スキルを持っていて、年収交渉が上手にできる転職経験者であれば年収を下げない転職もできるかもしれません。
でも、あなたはどうでしょうか。
絶対に年収を下げない自身はありますか?

 

転職をしたい理由が年収であれば、上げるために頑張ってみるのも良いですが、転職理由が人間関係や仕事内容であれば年収は下がることを覚悟して転職しましょう。

 

それで年収が上がったらラッキーじゃないですか。

 

転職は年収だけに囚われず人生を長期的に見る

スポンサーリンク

転職は年収の上下だけが重要ではないですよね。
この先、何十年と勤める会社、毎日行う業務を決めるのが転職です。

 

年収だけに目がいってしまい、年収は高いけど仕事が辛い・退屈だったら人生の大部分を損することになります。

 

と言うのも、ぼくは転職して年収は下がりました。
しかし、生活水準は大幅に向上して、仕事も好きになり、毎日会社に行くのも苦痛でなくなりました。

 

それは転職して年収が下がった分、残業時間がなくなったからです。
お金が減った分、時間を増やすことができました。

 

もし仮に、25歳のあの時に転職をしていなかったら。
人生に絶望したまま、スキルも身につかず、ストレスを感じ続けて身も心もボロボロになっていたでしょう。

 

年収が下がることが分かっていながらも、転職を即決したのはそんな状況もあったからでした。
年収(お金)と自分の人生を天秤にかけて、自分の人生が豊かになる方を選んだのです。

 

人生を長期的に見て、より得する方を選んで正解でした。

 

まとめ

転職を考える時、どうしても年収が気になってしまいますよね。
ぼくは25歳で転職をして、年収は下がってしまいました。

 

でも、年収が下がっても人生はとても良くなりました。
それは転職して年収が下がった分、残業時間が減って自分の時間を持つことができたからです。

 

人生は、毎日の時間の積み重ねです。

 

年収は多いに越したことはありませんが、年収ばかりが人生に重要なわけではありませんよね。

 

転職して年収が上がるのか、下がるのか気になってしまうあなた。
年収以外にも重要な要素はあります。
まずは、自分にとって何が重要なのかもう一度、見直してみてはいかがでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました