転職はチャンスだ!転職理由がある時点で転職をおすすめする理由

転職_転職理由 転職活動

スポンサーリンク

こんにちは、コジローです。

 

あなたは、転職理由があるのに、転職するべきか迷っていませんか?

 

ぼくはブラック企業からホワイト企業に転職して、人生が大きく変わりました。
でも、誰でも転職した方がいいというワケではありません。
仮に、ぼくが今の会社が1社であったら転職なんてしないでしょう。

 

本日は、転職したいのに転職できない人へ、転職理由がある時点で転職すべきな理由をお伝えします。

 

転職は誰にでも与えられたチャンスだ

今の会社から転職するも、転職せずに生涯同じ会社で働くことも選択することができます。
これは企業に務める社会人には誰にでも与えられたチャンスです。

 

転職したいと思う理由にも、色々あります。
前向きな理由も後ろ向きな理由もあるでしょう。

 

たとえば、前向きな理由なら

  • 新しいことにチャレンジしたい
  • 給料をもっとアップしたい
  • もっと責任ある仕事がしたい

 

後ろ向きな理由なら、

  • 仕事が辛い
  • 上司と合わない
  • 休みがない

 

などが挙げられます。

 

 

転職には、入社してみないとその会社がどういう会社か本当の意味では分からない点や、元の会社に戻ることが難しいなどデメリットもあります。
そのデメリットと転職理由を叶えることを天秤にかけて、転職するかしないか選択することになります。

 

あくまで自分で選ぶものですが、ぼくは転職は転職理由がある時点でチャンスだと考えています。
転職理由が前向きでも後ろ向きでも、そのチャンスには飛び込むことをおすすめします。

 

転職理由がある時点で転職すべき理由

スポンサーリンク

人が成長したり、変わるタイミングというのは”何かを経験した時”に限ります。
転職というのは、人生においてもたくさんのことを学べるチャンスになります。

 

例えば、企業探し1つ取ってもそうです。
新卒の時は、企業のことなんかまったく知らない人も大勢います。
なんとなく名前を聞いたことがある企業に応募したり、友達と一緒に応募したり、事業内容が面白そうだという理由だけで面接に行ったりします。

 

転職活動をする、ということは1度は企業に勤めています。
その経験を持って、企業探しをするので、世の中にどんな企業があって、どんなことをしていて、どんな理念を持って事業を手がけているかを知ることができます。

 

面接でも、今までの社会人としての経験を生かして、いかに自分をアピールすることができるかを真剣に考えます。
学生の時は、サークルのリーダーや、ボランティアの話をする人が多いですが、転職活動の面接では、あなたしか話せないことがたくさんあるはずです。
学んだこと、失敗したこと、社会人になってからの成長を改めて認識することができます。

 

転職理由があるということは、自分の人生や生活を見直したはずです。

自分のことをよく考えて、改善したいと思ったから転職を考えたはずです。

 

転職理由が前向きでも後ろ向きでも関係ありません。
転職という経験を積んで、また成長できるチャンスです。
さらに、自分の生活や人生をもっと良いものにできれば、一石一鳥どころか、十鳥にも百鳥にもなります。

 

それだけ、転職を通して人生で得られるものは大きいです。
実際にぼくは転職をして、人生が大きく好転しました。よくなりました。
色々なことを学ぶこともでき、広い視野で人生を楽しめるようになりました。

 

まとめ

転職理由があるなら、転職することをおすすめします。

 

転職は大きな経験になります。
そして、経験をするということは、自分が成長できるチャンスでもあるということです。

 

成長なんてクサイなと思うかも知れませんが、人生を豊かにしたり、生活を改善することも成長です。
自分の人生なのに、その人生や生活をおろそかにすることはないですよね。

 

転職理由ができたら、すぐに転職することをおすすめします。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました