転職の相談を誰にするか迷ったら自分より経験値が高い人にすべき理由

転職_相談 転職活動

 

転職の相談って誰にすれば良いかわからないですよね。

 

今の会社を辞めたいけど、どうしよう。
誰に相談しよう。

 

会社の上司?先輩?同僚?
親や兄弟?
友達?

 

 

ぼくがブラック企業から転職するときに相談した相手は、年上で転職経験がある人でした。

 

 

転職の相談は必ず転職経験がある人にすべき理由

スポンサーリンク

転職に悩んで相談するなら、相手は転職経験がある人にすべきです。

 

転職したことない人に相談しても、あなたの気持ちは分からないし、あなたの考えていることも理解できないので当たり障りのないことを言われて終わります。

 

だって、自分が経験したことのないことにアドバイスなんてできないですから。
あなたも、あなたがやったことも考えたこともないことにアドバイスはできませんよね。

 

宇宙飛行士になりたいんだけど、どうしたら良い?

なんて言われても、何も答えられませんよね。
だって宇宙飛行士になったことも、なろうと思ったこともないですからね。

 

転職の相談も同じです。
転職を経験したことない人に相談してもあなたが望む答えは返ってきません。
返ってくるのは、世の中の誰も言う当たり障りのない役に立たないアドバイスだけです。

 

たとえば、
とりあえず3年は頑張ってみたほうが良いよ。
他の会社も同じようなもんだよ。
本当に嫌になってから転職したら?

などなど。

 

あなたはそんな言葉を聞きたくて相談したわけではないですよね。
転職することへの後押しが欲しかったり、具体的に転職の方法を知りたくて相談するはずです。

 

だったら、転職したことない人に相談するのではなく、転職経験がある人に相談するべきですよ。

 

 転職の相談相手別の失敗するパターン

転職の相談する相手によっては、相談したことであなたの決断が失敗になるケースがあります。
相談相手別に失敗するパターンを教えます。

会社の上司・先輩・同僚の場合

会社の上司は、あなたが辞めると自分の評価が下がりかねません。
なので、基本的には転職しない方向に話をすすめてきます。

 

今、会社は君に期待している。
いまが頑張り時。
待遇をもっと良くする。
配置換えもできる。

 

そんなことを言って、なんとかあなたが転職しないようにしてきます。
言いくるめられて転職を踏みとどまってしまうと、結局、何も変わらず耐え続けるしかないという状況に陥りかねません。

 

会社の先輩に相談した場合も、
自分もつらかった。
これから楽しくなる。
まだ経験が足りていない。

などと言われて、転職に踏み切れなくなる可能性があります。

 

仲の良い同僚に相談しても、
さみしくなるからまだしないで。
私が上司に言ってあげる。
もうちょっと頑張ろう。

と、止められてしまいます。
仲の良い同僚に止められてしまったら、あなたの悩みが解決できるどころか、停滞してしまいます。

 

会社の人は、基本的に転職を止めてきます。
後押しをしてもらえないので、会社の人に転職の相談は避けるのが正解です。

 

親や兄弟の場合

親や兄弟に転職の相談をしても、止められることが多いです。

 

親の場合、わたし達の親世代では1つの会社に定年まで勤めることが美しいとされていました。
同じところで長く働くことが正しい、と思い込んでいる人が多いです。

 

あなたが転職の相談をしたところで、親が信じている考えを押し付けられてしまい、後押しをしてもらえないです。
特に、親が転職をしたことがなければ「転職=危険」という考えしかない場合が多く、あなたを守るという大義名分の元に反対をしてくる可能性が多いです。

 

兄弟の場合で、特に自分より上の兄・姉の場合は、自分より年下のあなたには「正しいアドバイス」をしようとします。
正しいというのは、自分が経験してきて知っていることだけなので、転職をして、さらに成功をした経験がないと親と同様に「転職=危険」という考えであなたの転職への悩みを解決することはできません。

 

友達の場合

一番、転職の相談をする相手として考えられるのが友達ですが、失敗する可能性があります。
やはり転職をしたことがない友達だと、相談したところで何も役に立たないです。

 

20代前半だと、転職したことがない人が多く、あなたの悩みを理解してもらうことも難しいです。
経験でいえば、あなたと同じくらいしかないので、会社・社会・仕事のこともあなたと同様にしか知らないので、アドバイスもあまり突き刺さるものはしてもらえないです。

 

特に若いうちは、周りから「とりあえず3年」と言われているのを信じている人も多いです。
あなたが3年未満で転職しようと言うものなら、「俺(私)はとりあえず3年は働こうと思う」と言ってきます。

 

あなたが聞きたい言葉は、そんな言葉ですか?

 

転職の相談はプロにするのが大正解

スポンサーリンク

ぼくが転職の相談をしたのは、転職経験がある、年上の方でした。
やはり転職をしたことがある人は、今の会社がどれだけ危険で、異常な会社であるかを冷静に判断できます。

 

おかげで、転職の決意をすることができました。

 

しかし、その方に転職の相談をしただけで転職できたわけではありません。

 

転職を成功することができたのは、転職のプロに相談したことが決定打となります。
いわゆる、転職エージェントです。

 

転職エージェントは、無料サービスで転職活動の手伝いをしてくれます。
もちろん企業が行っているので、利益を得る必要がありますが、転職エージェントは人材を紹介した先(求人を出している企業)からお金をもらうので、あなたが払うお金は一切ありません。

 

ぼくも利用した際には、最初から最後まで1円も払わずに終わりました。

 

 

転職エージェントでは、まずは相談から始まって、あなたの現状の把握、あなたの転職への思い、やりたい仕事・業種・業態など細かく聞いてくれます。
さらに、相手は転職のプロなので、あなたの考えと現実のギャップがあれば教えてくれますし、実現可能な転職の方法なども丁寧に伝えてくれます。

 

まとめ

転職の相談は、転職をしたことがある経験者に学ぶべきです。
経験したことがないものに、人はアドバイスなんてできませんからね。

 

身近で話しやすい人に転職の相談をしたくなる気持ちもわかりますが、失敗することが多いので気をつけましょう。

 

転職について、より具体的で詳しいことをアドバイスして欲しいなら相談はプロにするべきです。
転職エージェントは、転職のプロで、まずは転職の相談からしてくれます。
無料サービスなので気軽に相談できるのも、利用してみて本当に助かりました。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました