何故いま辛いのか?辛い状況を細分化して辛い現状を改善する方法

辛い_なぜ辛いのか 人生について

スポンサーリンク

こんにちは!コジローです。

 

あなたは、何故いまが辛いのかちゃんと考えたことがありますか?

 

辛い現状を改善するには、辛い理由を知らなくてはいけません。
でないとワケも分からず辛いままです。

 

本日は、辛いと思う現状を改善するための方法をお伝えします。

何故いま辛いのかを悩まずに”考える”

「辛い」と毎日つぶやくなら、何故辛いのかを悩まないで”考えて”ください。
悩みは辛い状況を複雑化させます。
悩むことを、”考える”ようにしましょう。

 

ぼくはブラック企業で働いている時、毎日辛く、その状況を悩み続けました。
結果、なにも解決することができませんでした。
悩むばかりで、根本的な解決策を”考える”ことをしていなかったからです。

 

悩むことと、考えることは一見同じようですが全く違います。
悩むことは、ものごとをどんどん複雑にしていきます。
一方、”考える”ことはものごとをシンプルにします。

 

ブラック企業での悩みといえば、残業が多くて辛い、上司と合わずに辛い、休日出勤が多くて辛い、と辛い現状を嘆くばかりでした。
考えるとは、どうすれば残業を減らすことができるか、上司とうまく仕事をするためにどうするべきか、休日出勤が発生するのは何故か、と辛い現状をしっかり分析してシンプルにしていきます。

辛い現状を細分化して解決策を探る

スポンサーリンク

辛い現状を細分化していくことで、解決策が見えてきます。
すべての辛いことを一気に解決することはむずかしいですが、小さなことから解決することは意外と簡単だったりします。

 

たとえば、残業が多くて辛い場合。
なぜ残業が多いのかを考えます。
残業が多くなる原因にも様々ありますが、自分の仕事が遅い、仕事の量がそもそも多い、定時後にしかできない仕事がある、などが挙げられます。

 

残業が多くて辛い毎日の当時は、もちろん新卒で入社したばかりで仕事が遅いという原因もありました。
でも、一番の原因はお客さんと会話できる時間が限られることにありました。
当時のぼくの仕事は、営業なので当然お客さんと会話をしなければいけません。
お客さんと会える時間が夜の19時以降だったため、どんなに頑張っても残業をせざるを得ませんでした。

 

お客さんと会える時間を早めることができれば、残業は改善できるでしょう。
17時から会えるようになれば、それだけで2時間は残業を減らすことができて、残業が多くて辛いという状況を回避することができます。

 

このように、辛い状況を悩み続けて1歩も前に進めないのではなく、辛い現状を細分化することで解決策が見えてきます。

辛い残業を減らすために実際に行ったこと

辛い現状がはっきりしても、解決できなければ意味がありません。
どうすれば解決するのか、じっくり考えます。

 

ぼくは、お客さんと会える時間を早くすれば残業が多くなること回避できることに気がつきました。
ではどうやってお客さんと会う時間を早めるのか。
実は、どんなに頑張っても解決策が見つかりませんでした。

 

これは、「お客さんと会う時間を早める」ことだけを考えていたからです。
これを更に細分化していくと、そもそも何故お客さんと会う時間を早められないかを考えました。
お客さんにはお客さんの都合があって、ぼくにはどうすることもできません。
そこで、自分でできることはなにかを考えました。

 

その結果、「お客さんを変えよう」という結論に至りました。
お客さんを変えるためにしたことは、転職でした。
それも、全く業界が違う会社に入社しました。

 

その結果、残業はほとんどすることがなくなりました。
新しく入社した会社の業界は、一般的な定時内で営業を行うことができるため、「お客さんと会う時間が遅いから残業になる」という事態を回避することができました。

 

辛い現状を細分化していき、これ以上細分化できないというところまできても解決策が思いつかない場合は、発想を広げることが大切です。
そして、解決できないから諦める、ではなくどうしたら解決できるかを追い続けることで自分がいま何をするべきかが見えてきます。

まとめ

辛い状況に陥ってしまったら、悩まずにまずは”考えましょう”。
悩むことはものごとを複雑にして、”考える”ことはシンプルにします。

 

状況をシンプルにしたら、より細分化して解決策を探ります。
大きい枠組みで解決策を探るより、小さい枠組みで解決策を探す方が解決の糸口は見えやすいです。

 

これ以上細分化できない状況まで考えても解決策が見つからない場合は、発想を転換させます。
根本的な解決策を見つめるべきです。
ぼくの場合は、それが転職でした。

 

ぼくのように、仕事の業界や業種、世の中の動きなど自分ではどうしようもないことが原因で辛い思いをしている人はたくさんいます。
そんな時は、思い切って自分が縛られているものから抜け出すことも必要です。
辛い毎日を過ごしている人は、現状を細分化して、根本的な解決をすることをオススメします。

 

以上!それでは、また。

 

スポンサーリンク

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました